ダイエットというと女性がするものというイメージが強いかも知れません。確かにダイエットをみても女性が取り組むよう […]

posted on 2018.12.24

ダイエットというと女性がするものというイメージが強いかも知れません。確かにダイエットをみても女性が取り組むような内容のものが多いです。しかし男性の間でも美意識は向上していますし、理想的な体型になる事を考えて取り組んでいる方は増えている傾向が見られます。実は男性の方が痩せやすいと言われていますし、その理由を考えてみましょう。

太っている男性が感じるデメリットとは

man-2021062_960_720

「太っていると外見に自信がもてなくなる」

スリムで引き締まったボディ、もしくは筋肉質でムキムキなボディ、どちらも女性から好感度が高いと言われている男性の典型的な体型です。ぶよぶよで太っている人が良いというのは少数派でもありますし、それを目指している人はまずいないでしょう。
生活習慣の乱れや甘えからぶよぶよのボディになってしまった、またそれに合わせた洋服を着ていればもちろんサイズもどんどん大きくなってしまいますし、それを鏡で見た時に自分の自信というのも無くなってしまうという方もいるのではないでしょうか。自分は太っているからどうせモテナイ、と諦めてしまうのは早いです。
今はイケメンではなくとも雰囲気イケメンの方が実際モテるということもありますし、エクササイズする事でダイエット効果が出れば女性からモテるようにもなります。

「検診で内臓脂肪が増えてメタボになる事での健康的リスクがあがる」

今はメタボという言葉が良く聞かれるように、男性のウエストが85センチ以上となった時に健康診断もでメタボという診断がされます。脂肪が多くついていればさまざまな病気になるリスクもたかまりますし、それは年齢が若ければそこまで関係ないかも知れませんが、アラフォーアラフィフになってくれば様々な病気に発展してしまう事になりますので注意も必要です。
毎日の生活習慣を改善したりちょっとした心がけで変えていく事もできます。また実は男性の方がダイエット効果が出やすいということもありますので、ちょっと生活習慣から見直していく事をお勧めします。


男性のほうが女性より痩せやすいってホント?

dumbbells-2465478_1280

「代謝が多ければその分痩せやすい」

ダイエットをとりくむ上で、まず代謝が高い方がエネルギー消費量が大きくなりますので効率良く痩せる事が出来ます。女性と比較すると男性の方が筋肉量も多いですし、同じ運動をしても筋肉が付きやすいという事が言えます。この筋肉が有る事で血流が良くなり体温もあがり、脂肪が燃焼するというメリットも有ります。

男性のほうが筋肉がつきやすい

「男性の方が女性よりも筋肉がつきやすい体質」

女性の方は便秘しがちな方が多いと言われていますが、男性で便秘というのはあまり聞いたことが有りません。これは実は腹筋の量にも関係しています。
筋肉がある事で血流も良くさらに代謝も高いので老廃物もデトックスされる状態になっている事が考えられます。老廃物が溜まってしまうと、リンパの流れも悪くなりリンパ周辺の老廃物と脂肪が結合したセルライトもできやすくなるので、女性の方が太りやすくやせづらいという事があるのです。
同じ運動をしても男性の方が体のメカニズム的に筋肉体質であるという事がありますし、これは代謝が高まりやすく痩せやすくなるという事につながるのです。

「ボディービルダーをみてもそれはわかるでしょう」

ボディビルダーをみても、女性と男性では筋肉肥大の仕方に違いが見られます。そもそも女性は出産という事を行うためにお腹周りには特に脂肪で守らなければなりませんし脂肪が付く体質をしています。逆に男性は筋組織というものが発達する構造になっているため、同じ運動をしても男性の方が筋肉が付くという事があるのです。
ボディビルダーも男性の中にはびっくりするぐらい大きい身体の方もいますが、女性ではそこまでは努力してもなる事は出来ず、体脂肪がおちたとしても筋肉を肥大させるという事に関しては有るところまではいけても、それ以上の男性並みにという事になると難しいのです。筋肉体質でもある男性は、便秘に関してもなってしまう方はほとんどいないですし、便秘しがちな女性は多いことをみてもわかります。

 男性のほうが脂肪が落ちやすい

「筋肉があるから脂肪は燃焼しやすくなる」

脂肪を燃焼させるためには、筋肉の存在は不可欠です。有酸素運動だけをしていても、実はなかなか痩せる事が出来ず、筋肉をつけるための無酸素運動(筋トレ)と並行してダイエットをするという事が推奨されているのを見ても分かる通り、痩せるためには筋肉を付けて代謝を上げるという事も重要なポイントです。それを考えた時に、筋肉がある男性の方が女性よりも脂肪が比較的簡単に落ちるという事がわかるでしょう。

「男性は内臓脂肪、女性は皮下脂肪」

脂肪といっても、ついている場所によって性質が異なります。男性の方は内臓周りについてしまう内臓脂肪が多いのですが、典型的な体型として分かりやすく言いますとビール腹のようなお腹周りがボコッとした感じの脂肪です。
一方女性の方に多いと言われているのが皮下脂肪といって、洋ナシをイメージしていただくとわかりやすいですが、下腹部などにつく脂肪です。ちなみに内臓脂肪の方が内蔵に近く体温の高い部分で熱を与える事で燃えやすく、皮下脂肪は逆に落ちづらいという特性がありますので、男性の内臓脂肪の方が落とすのが比較的容易という事も言えます。
付いている脂肪の性質によっても落ちやすさが異なりますので、ダイエット効果は男性の方が高いとも言えるでしょう。女性はさらにセルライトという脂肪と老廃物の固まりもできやすく、これは1度出来てしまいますとなかなかとる事が出来ないと言われているので要注意です。自己流ダイエットでは難しくエステサロンでの痩身コースを受ける方も多いです。

男性向けダイエット計画の作り方

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

「無理をせずにこつこつとできる計画が重要」

男性の場合、コツコツ出来る方とそうでない方とはっきり分かれます。マメな方はよいのですが計画さえ立てるのは面倒という事で、ただジムに通うという事もあるかもしれません。それでも良いですので、まずは目標を立てる事から始めていきましょう。
この目標はとても重要で、目安にもなりますしモチベーションにもつながります。具体的に体脂肪や体重で決めていく事も良いですし、この洋服が着られるようになるまでという目標でもOKです。そしてコツコツ続けられるような計画を立てる事も成功につながる秘訣です。
最初からとばさなければならないような計画ですと、続かなくなってしまいます。継続しなければ途中でリバウンドしてしまい、失敗に終わるという結末になりかねませんので、この方法であれば続けられるという計画を立てていきます。

「アプリなどを使うのも有効です」

自分で細かく書き込んだり計画を立てるのが苦手な方であれば、其の日に行ったエクササイズを記録しておくというだけでもモチベーションにつながります。ダイエットランキングでも上位に入っているレコーディングダイエットというものを応用してみましょう。
コツコツマメにできる方であれば細かく記入すればよいのですが、それが苦手な方はアプリにさくさくと必要な事だけ記入していけば良い物も有りますので上手く利用してみてください。
体重の変化なども分かりやすくグラフで見る事もできますし、目標まであとどれぐらいと具体的に数字で見る事が出来るのでやる気も起きます。

男性向けダイエットおすすめ①腹筋トレーニング

「引き締まったお腹を目指して腹筋」

内臓脂肪が増えてしまいがちな男性は、ビール腹と言ってお腹周りにぼこっという感じで脂肪が付いてしまう事も多いです。この脂肪を効率良く燃焼させるためには部分痩せの方法として腹筋トレーニングをしていく事が理想です。有酸素運動などをしていくことでも、燃焼しやすくはなりますが、部分痩せをするためにはその部位に働きかける事が出来るようなエクササイズをすることでさらに効果が上がります。
腹筋の仕方は色々ありますし、自宅でも簡単にできる自重の腹筋エクササイズなども多種類有りますので自分にあった方法を最初は無理のない回数からスタートしていきましょう。出来ればコツコツと毎日続けていけると良いです。

「マシンを利用したいならジムに行けば簡単にエクササイズできます」

自宅でトレーニングをしていても、何となくモチベーションが上がらない、そんな方はとりあえず月契約出来るジムに通う事をお勧めします。腹筋トレーニングをするというのが目的であっても、色々なマシンがありますのでチャレンジしたいという気持ちがきっと起きてくるでしょう。周りの人も頑張っている事で自分も負けてられないという気持ちが刺激されてくることも期待出来ます。
また月契約で利用するジムの場合は、会費がもったいないという意識も働くため、一人だけで家でとりくむダイエットよりも成功しやすいという傾向も見られます。サウナやスパがあるジムであれば、会社帰りにトレーニングしてリフレッシュして帰宅することもできますし、今人気があります。

男性向けダイエットおすすめ②きゅうりダイエット

eat-2834549_1920

「カロリーを抑えた食事も大事」

男性はあまりカロリーを意識して食事をするということはあまりないかも知れません。しかしそれがたたると太ってしまってメタボになるという流れも有りますので要注意です。体型を見直したい、どうにかしたいと思った時には一度食生活もリセットしたり見直す事が大事です。
そこでまず食事の前にきゅうりを食べるというのはおすすめです。きゅうりにはほとんどカロリーがなく水分でできていますので、食事をする前にきゅうりを食べる事で、満腹感が刺激されてきて何時もの量よりも少なくて食事での満足感が得られるでしょう。そこでマヨネーズなどをかけてしまわないようにするのも注意です。
できれば塩などのあまりカロリーが無い物にします。もしくは浅漬けのように塩は少な目で付けておくというのも良いでしょう。砂糖を少なめにして酢が入ったピクルスにするのも良いです。まとめて作っておけば、何時でも食事の時に食べる事が出来ます。

「むくみにも効果があるきゅうり」

ダイエット食材としても、カロリーがほとんどないという事で優れているダイエットランキングでも注目のきゅうりですが、むくみがちな方にもお勧めです。お酒を飲みすぎてしまって今日はなんとなくむくんでいる、そんなときにはきゅうりをたべっればデトックス効果で水分を排出してくれる効果もありますので、ぜひ食べてみてください。
きゅうりは栄養はほとんどありませんが、水分が豊富でデトックスするためには女性の間でも好まれて食べられている食材でもありますし、スーパーで手軽に手に入る食材ですので試してみる価値があります。

アラフォー男性は特に「基礎代謝」に要注意!?

runners-635906_1920

「ダイエット効果が下がってしまう基礎代謝の低下」

ダイエットランキングにある方法で、何を試してもなかなか効果が出ないと悩んでしまう方もいるかもしれません。それはもしかしたら年齢的な事も関係しているのではないでしょうか。年齢が上がるにつれて、基礎代謝というものが下がってきてしまいます。この基礎代謝は何もしなくても消費するエネルギーのことで、この代謝量が多ければそれだけ痩せやすいという事になります。年齢とともに基礎代謝が落ちてきますので、同じ運動をしていてもやせづらくなってしまうのです。
ですから、若い時と同じ行動や生活習慣をしていると自然に太ってきてしまうという事が起こります。ダイエットは意識をしなければ始められませんし、体型をどうにかしたいと思った時がチャンスです。ぜひ取り組んでいきましょう。

「代謝を上げるためにはやっぱり筋肉が必要」

女性よりも男性の方が筋肉が有ると言われています。それでも年齢と共に少なくなっていきますし、痩せるためには筋肉量というのもある程度必要で、この筋肉があるからこそ脂肪も燃焼しやすいという事が言えます。筋トレもうまく取り入れつつ、有酸素運動で脂肪燃焼させる事でどんどん脂肪は落ちていきます。
ちなみに女性よりも男性の方が内蔵脂肪が付きやすいのですが、この内蔵脂肪は食生活を少し意識するだけでもかなり落ちやすいものですので、ちょっと努力すればすぐに体型的に変化を出す事が出来ます。もちろんアラフォーになればその速度は落ちてくるかもしれませんが、モチベーションを上げて頑張っていきましょう。

まとめ

ダイエットは今はや男性も行う時代です。単に食事の制限だけをすればよいというものではなく、体質改善のためには有酸素運動だけではなく無酸素運動で筋肉を付ける事も大事です。
しかし女性よりも男性の方が内蔵脂肪が付きやすい体質なのですが、この内蔵脂肪は比較的落ちやすいので少し努力すれば効果が出てきます。まずはダイエットに取り組んでみましょう。

biceps-2945912_1920

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter