OLYMPUS DIGITAL CAMERA

むくみを解消して痩せやすい体になる「ふくらはぎリンパマッサージ」とは

リンパという言葉はよく聞きますが、具体的にどのようなものかということはあまり知っている方は多くありません。デス […]

posted on 2018.12.15

リンパという言葉はよく聞きますが、具体的にどのようなものかということはあまり知っている方は多くありません。デスクワークや立ち仕事でむくみに悩む方は多く、むくみを解消することで痩せやすい体になるふくらはぎリンパマッサージが今注目を集めています。ここではその効果や具体的な方法、それから効果を高める方法と注意点についてご説明していきます。

ふくらはぎマッサージのダイエット効果とは?

ふくらはぎマッサージの効果は主に三つです。

まずその一つ目は「足のむくみが解消される」ということ。ふくらはぎの筋肉は頻繁に動かしていない場合その血流の循環が悪くなります。血液が溜まってしまったりすることによって血液の中の水分が外結果から染み出てしまいむくみとなります。そのポンプ機能が正常に動いていないと70%もの血液がか半身に溜まってしまい、その水分が血管からしみ出てしまうのです。その滲み出てしまうことを防ぐために、ふくらはぎマッサージを行うことで血流の流れを改善し足のむくみが解決します。特にアキレス腱から膝裏はかなり体の老廃物を流してくれるデトックス効果の高いツボが集中しています。ですのでそれも含めてしっかりとマッサージを行えばむくみはしっかりと改善されるのです。

また二つ目の効果としては「冷え性の改善」も期待できます。ふくらはぎの筋肉をしっかりと動かしていないと伸縮運動が起こらないので血液がどんどん足の下に溜まってしまいます。動かすことで血がどんどん流れて体の上半身の方に流れるのですが、そういったことが起こらず下に溜まってしまうのです。特にデスクワークや立ち仕事などしている人などはそれが顕著に現れます。その滞留することで酸素が行き渡らずに足が冷たくなってしまうのです。これが冷え性の原因となり、夜寝る時なども足が冷たくて寝られないというようなことにもなってしまうのです。そこをマッサージを行うことで筋肉を弛緩させ血液の循環量を増やします。それによって足の冷えを改善するのです。

三つ目の効果は「全身のダイエット効果も期待できる」ということ。ふくらはぎマッサージをすることで全身の血液循環が改善されるのは、ふくらはぎが全身の血液を促すポンプの役割をしているからです。第二の心臓ともいわれるほどふくらはぎは全身の血流に重要な部分であり、そこの力をマッサージで助けてあげることによって全身の血液循環も良くなります。それによって体温が上がり基礎代謝が上がります。基礎代謝が頻繁になれば脂肪がつきにくい体になりダイエット効果につながります。


ふくらはぎのむくみはリンパマッサージで解消!

13a93a9c42c5666a1ca7cf0b5f0c5c57_s

ふくらはぎは「第二の心臓」と言われています。腓腹筋ヒラメ筋を中心に様々な筋肉が集まっているのがふくらはぎです。そして人間は基本的に立って活動を行っているので、重力がかかり、血液の多くがか半身に集まりがちなので、その血液をしっかりとまた心臓に戻して行く働きをになっているのがこの第二の心臓であるふくらはぎなのです。特に重要になるのがリンパです。
リンパとは毛細血管から組織中に染み出て組織液となる血漿のことですが、その一部が管に入ってリンパとなります。リンパ液、管、節の総称でありリンパ液とは、リンパ管を通って血液で回収しきれなかった体の中にある老廃物などといった不要な物質を回収する働きがあります。1分で25CMのゆっくりペースで末端から左鎖骨下静脈と心臓に戻っていきます。その際リンパ管の各所に「リンパ節」が多数あり不要物質や死んだ細胞や細菌などといった血液循環型に入れないフィルター薬として働いています。そのリンパ節の部位を汚すことによって、流れやはたらきをスムーズにして、全体のリンパの流れを良くするのがリンパマッサージなのです。
リンパは「体の下水管」とも呼ばれ、老廃物や余分な水分を開始し役割を担って体中に張り巡らされています。血液の場合ならば心臓から送り出されれば40秒で全身を一周しますが、リンパの場合はもっとゆっくりです。「静脈角」と呼ばれる立派な最終地点に到達するまでには節を何度も通り抜けながら半日近くかけて全身を一周します。
むくみの原因はこれが流れづらくなっている点にあります。
循環の場合ですと血液のように心臓のポンプ機能があるわけではないからです。リンパの移動はあくまで周辺の組織が動いたことによって循環されていきます。ましてや足ともなると心臓からかなり遠く循環が滞りやすくいいので、そのため体の中でも足はむくみやすくなってしまっているのです。その点に注目してしっかりとマッサージを行うことでふくらはぎのむくみが解消されるというわけです。

 リンパマッサージのコツ

c68b8176cb04f0b109406086212474c6_s

リンパマッサージを行う上で大切なのは「手順」と「方向」と「圧力」に注意を向けることです。
まず一つ目の「手順」ですが、リンパの最終出口が鎖骨なので鎖骨から始める方が良いです。最終出口をすっきりさせておくことによって、それから他のリンパ節などでも効果的にリンパを押し流していくことができるようになります。体中のほとんどのリンパは左鎖骨の下で静脈に合流するして排泄されていくので、そこが一番詰まりやすいのです。左鎖骨の下をまずしっかりともみほぐしておきましょう。それから徐々に顔や脇、腕、鼠径部の順番で行い最後に足を行うのが一番効果が高いです。

また各節に向かってリンパを流すことが重要で、「方向」がとても大切になります。管は最終的に鎖骨のリンパ節で静脈に合流しますので、その中間でフィルターの役割をしているリンパ節を経由する、そのリンパ節をしっかりと流していくような方向でマッサージしていくのがコツ。全身には約800個のリンパ節がありますが、特に重要なリンパ節だけをしっかり覚えておけば十分と言えるでしょう。その重要なリンパ節は鎖骨と脇の下、顎の下、腹部それから足の付け根、膝裏と耳の前とひじです。ここはかなり詰まりやすいので鎖骨に近い所からよくもみほぐして行くようにするとよいでしょう。ただしあまり力はいりません。

それから最後に重要なのは「圧力」。皮膚の上に圧が伝わるくらいで十分の、優しい圧力を心がけましょう。というのは皮膚の表面にリンパ管は分布しているので、それほど強く押しても意味がないからです。皮膚の表面への圧力で十分なのでグイグイ押すようなマッサージによってマッサージをした気分にはなりますが、リンパには効果的ではありません。温泉に入ると自然と手で肩から腕を撫でたりするような動作をしてしまうことがありませんか?まさしくそのようなソフトの圧力がベストなのです。

ふくらはぎリンパマッサージのやり方

ふくらはぎの場合は膝裏のリンパ節にリンパが滞りやすいので、膝から膝の裏に向かってリンパ節を流してあげることが重要です。また足首から膝の裏のリンパ節に向かってきちんとリンパを流してあげるようにするのがふくらはぎのリンパマッサージのやり方です。

また足痩せのためにはふくらはぎのみならず太ももも重要です。というのも、太もも脂肪がつきやすくてセルライトができやすいので、しっかりそれを揉み出し鼠径リンパ節に流し込んでいくイメージで、リンパマッサージを行うようにすると、結果的にふくらはぎにも良い影響を与えるからです。その太ももの部分でリンパが詰まってしまっているといくらふくらはぎのリンパマッサージしてもなかなか流れてくれません。セルライト解消にアロマテラピーも役に立ちますのでエッセンシャルオイルとしてグレープフルーツを選び、適量たらして行うと効果的でしょう。

1日立ち仕事デスクワークで足がむくんだような時はリンパマッサージをきちんと行うことによってむくみが解消されます。むくみとはそもそも血液中の体液が血管外に滲み出sた水分が血管外の皮下組織に変わってしまっている状態のことであるので、体液循環や排泄機能に問題があるせいで浮腫が生じている場合は、一日中同じ姿勢を続ける人が足やか半身のむくみに悩まされるのは、その体液循環が悪くなってしまっているせいなのです。

そこで膝の前から裏に向かって撫でるようにしっかりリンパを流し、それから足首から膝裏のリンパ節に向かってきちんと手で撫でるようにしてリンパの流れを促進させてあげるだけでかなりむくみは解消されます。特にリンパには心臓のポンプがないので自分の力で循環することができません。手を使ってそれを流してあげるようにするとかなり効果的でしょう。仕事の関係で外出の機会が多くトイレになかなか行けない人なども排泄機能が低下していて浮腫を起こしやすくなっている傾向がありますので、特にそういう人たちは確実にこのリンパマッサージを行いましょう。

ふくらはぎリンパマッサージの効果を高める方法

より効果を高めるのは足裏周辺をきちんとマッサージするというのがコツです。ステップとしてはまず最初に10秒間「足裏」をしっかりと押します。両手で足裏を包み込むようにしたら親指で全体を押していくのです。「母指圧迫法」と呼ばれ、裏には反射区という概念があって、心臓の臓器にも影響がある良い影響を及ぼすのが足裏を刺激することなのです。痛みを感じないレベルの圧で大丈夫ですので、確実に10秒間まず足裏を押しましょう。

二つ目のステップとしては「足の甲」。全体を裏と同じように甲もまんべんなくをしていきます。むくみに良いとされるツボが大切な甲にはたくさんありますので、それをきちんとをしてあげることが重要です。これもしっかりと親指を使った方法で10秒間押しましょう。痛く感じる場所とそうでない場所があるかと思いますが痛かったら力強く押す必要はありません。ちょっと力を弱め、ただそのを吸う回数を増やすようにしてください。

それから続いてのステップは10秒間「脚指」を揉むという方法です。全体をマッサージして指の付け根から足先に向かって一歩ずつ指先の腹で少し引っ張るような印象をかけることでつまむように揉んでいきます。一本ずつ丁寧に行うことが重要です。指先には重要なツボがたくさんありますので、ここをマッサージすると効果があります。細かな箇所なので大雑把に捉えず、一本一本丁寧に細かく入念に無意識でマッサージすることによって、かなり大きな効果があると言われています。

それからふくらはぎのマッサージを行うようにしていくと効果的です。足首から膝裏の節まで左右の手を交互に釣り上げていくのがコツ。手のひら全体を肌にぴったりとくっつけマッサージしていきましょう。指先は離れがちなので指先に力を入れるとうまくできませんが、肌にしっかりと指先を密着させる意識はもって行うようにすると効果が高まります。

ふくらはぎリンパマッサージの注意点

3971e17bdec292097a714e69d58265c6_s

まず肌表面を優しくマッサージするように気をつけましょう。あまり力強くやってしまうと効果が無くなります。リンパ系は皮膚から始まって全体の70%が皮膚表面に集まっているのでマッサージを行う際に意識すべきは皮膚の表層なのです。毛細リンパ管から正管、集合管という流れになっているので、毛細管では結合組織から水分やタンパクを正管へと運んで行きます。そして正管から集合s管に運ばれていき、その弁を通り抜けさせていくようにイメージすることによって効果が高まります。

皮膚は一部を引っ張るとどこかにしわがよってしまいますので、それを忘れて力任せにあまりにもマッサージしているとしわなどができてしまったりする場合などもあります。流したいばかりについ力が入ってしまうのもわかりますが、常にそっと撫でるぐらいのつもりで十分であることをよく注意してください。

日常生活であまり意識していないと悪い姿勢になりがちです。モデルさんやかっこいい女性などは必ず正しい姿勢をしていますが、その意識を忘れ前かがみの悪い姿勢を続けていると流れも悪くなってしまいます。それが首や肩の凝り腰痛の原因にもなりますし、そこに溜まってしまうせいでふくらはぎにもリンパが溜まってしまうようになってしまいます。常に正しい姿勢を保つように意識することもマッサージで重要なことなのです。肩の骨と大腿骨とくるぶしが一直線になるような姿勢、それから背中からお尻のラインが自然なS字を描いていることをよくイメージし、また膝をまっすぐ伸ばすように意識することで自然とふくらはぎマッサージが効果的と言えます。姿勢が悪くなることにはよく注意しましょう。

もちろん妊娠中の人や心臓疾患がある人、それから生理中の人や、化学療法を行っている人などはあまり激しいマッサージを行ってはいけません。ちょっと不安がある場合はお医者さんに相談すると良いでしょう。

 まとめ

以上、今回はふくらはぎマッサージについてその効果的なやり方と原理それからマッサージのコツと効果を高める方法、また注意点についてご説明してきました。

特に日常デスクワークや立ち仕事の人は足がむくみやすくなってしまいますが、そっと肌表面を撫でるようにリンパを流していくことを心がけていくだけで驚くほど効果があることと思います。”

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter