すっきりと引き締まったボディラインを手に入れるためのダイエット方法はダイエットランキングで様々な方法が紹介され […]

posted on 2018.12.06

すっきりと引き締まったボディラインを手に入れるためのダイエット方法はダイエットランキングで様々な方法が紹介されています。魅力的な小顔を作るためのダイエット方法にも、普段ちょっとした空き時間でもできるような手軽なものが数多く紹介されています。ダイエットランキングの中から誰でも気軽にできて、高い効果が期待できる小顔ダイエット方法をご紹介します。

ダイエットしても顔だけ痩せない理由

alone-black-and-white-casual-1487956

いくら頑張ってダイエットに励んでも、なかなか顔が痩せないと感じる原因にはさまざまな理由があります。

顔にむくみが生じることで大きく見える。

太ももが太い、ウエスト周りがもたついているなどの悩みを抱える体の各部位のサイズダウンはダイエットをすることである程度解消できるのに、顔の大きさはなかなか解消できない原因の一つとして、顔に様々な原因によって浮腫みが生じる事が上げられます。特に体はどちらかと言えばやせ形なのに顔だけがダイエットをしても太って見える人の場合、かおに浮腫みが出ていることが少なくありません。浮腫みの症状が出る原因としては、塩分の取りすぎ、水分の摂りすぎ、寝不足なども考えられます。足のむくみは重力の影響で体の余分な水分が時間とともに足にたまるために起こると考えられますが、顔のむくみは足のむくみとは異なる理由が多いようです。また、心臓や肺をはじめ、腎臓や肝臓、甲状腺などの病気によって浮腫みが発生することもあるので、美容的な問題だけでなく必要に応じて適切な検査を受けて原因を確かめる事も大切です。

顔の筋肉が衰えることの影響。

よほど表情の豊かな人なら別ですが、日常生活の中で顔の筋肉が疲労するほどしっかりと動かしている人はあまりいないかもしれません。かおには体の各部位と同じように様々な筋肉があって、かおの各部位を思い通りに動かす役割をしています。目や口を開閉したり眉毛を動かして表情を作るなど、顔のパーツを自在に働かせるための筋肉も、体の各部位と同じように日頃から意識して鍛えなければ衰えてしまいます。日本人は欧米人と比較すると表情が乏しく顔の筋肉をしっかりと使う動きが少ないと言われ、表情筋もその分発達しにくい環境にあると思われます。そしてかおの筋肉の衰えは結果的に二重あごなどに繋がり、フェイスラインを崩して顔を大きく見せてしまう事に繋がります。

食事の時の噛み癖を意識してみる。

食事をする時、気が付いたらいつも同じ方ばかりで噛んでいると感じる事がありませんか?これはいわゆる噛み癖と言われるもので、いつも同じ方でばかり噛んでいるとかおの筋肉の付き方のバランスが乱す事になります。たとえば顎の位置がずれでフェイスラインが歪み、かおが太ってバランスの悪い見た目になってしまうばかりでなく、放置すれば顎の不具合につながって顎関節症などを引き起こす事も考えられます。


小顔ダイエット・マッサージ

bath-beauty-cucumber-3192

すっきりと整った小顔のフェイスラインになるために、マッサージすることも効果的です。

顔の血流をすっきりさせる

筋肉をしっかりと動かさないと、顔の血流は悪化して血行の悪い状態になりむくみなどが生じやすくなります。ダイエットをしてもなかなか小顔になれない場合、顔がむくんで大きく見えてしまっていることが考えられます。そんな時にはマッサージによって顔の血流を良くしてあげるようにしましょう。まずは小顔になるためにリンパの流れを良くするマッサージ方法です。デコルテから顔にかけて通っているリンパの流れを整える事で、滞りがちなリンパの流れが解消されて浮腫みの解消に役立ちます。

自宅でできるセルフマッサージのやり方

まずは片方の手の4本の指を使って反対側の鎖骨に沿って腕側から中心に向けてマッサージします。次に首の裏側に手を添えて前に向かってゆっくりと撫でるようにマッサージします。さらに小鼻の横の部分に両手を添えて頬骨に沿わせるようにしてこめかみの方に向かって撫で上げます。次に耳の下に指の腹を当てるようにして鎖骨に向かってなでおろします。さらに脇の大きな血管を反対側の指で押してから流すように動かします。その後腕を上げて脇の下を良くもみほぐすように動かして、わきの下の大きな血管の流れを良くします。一連の動作は左右それぞれ反対側も繰り変え沿て行うようにします。

顔の筋肉をほぐすマッサージ

フェイスラインでエラが張っているとかおが大きく見えてしまう原因になります。エラ張りを解消するためのマッサージも小顔効果が期待できます。耳の下の手前には物を噛むため咬筋という筋肉があります。咬筋の固さを解消するために耳の手前に親指を当ててこするようにマッサージすることで、えらの筋肉を緩める効果が期待できます。また、頭も筋肉が凝り固まっているとかおの血流の停滞につながり、かおが大きく見える原因になります。そこで、まずは額の生え際に親指を置いて頭頂に向かって押し上げるように動かし、次に襟足部分を親指で強めの力で押します。次に側頭部の筋肉の緊張をとるためにマッサージします。物を噛む動きをしたときに働く筋肉を親指で探って上下に擦るように動かしてほぐします。更に耳の前の部分をつまんで刺激を与え、老廃物が停滞してかおがむくむのを予防します。

小顔ダイエット・二重あごに効くエクササイズ

太っているわけではないのに、なんとなくフェイスラインが緩んでかおが大きく見える時、横から見てみると二重あごになっていることが少なくありません。顎の下の肉がたるむと首との境目がわかりにくくなり、締まりのない二重あごになってしまうのです。二重あごの解消にはあごの筋肉を鍛えるエクササイズが効果的です。

浮腫みも解消できるエクササイズ

口周りから顎にかけてはリンパが多く集まる部分です。そのためかおを大きく見せてしまう浮腫みの解消ためにはとても重要な部分だといえます。普段メイクをする時や、出先で化粧室に入った時に鏡に映った自分の姿を目にする機会は多いのですが、実は真正面からの姿は自分では意識することなく自然によく見せようという意識が働きます。自分のかおの斜め横から見える姿こそが他人から見える真の姿で、二重あごもとても目立つものです。二重あごに効くエクササイズを行う事で、斜め横からの視線にも自信の持てるフェイスラインが実現できます。

舌を動かすことで鍛えられる筋肉

舌は食べ物を口の中で噛み砕いて食道へと運んだり、話す時の発音の際にも重要な役割を担います。ところがこの舌を動かすための筋肉が衰えると顎下がたるんで二重あごになりやすくなります。その為二重あごの解消には舌を動かす筋肉を鍛える事が重要なポイントになります。口を閉じて舌を頬の内側に強く押し付けるようにして口の中でぐるりと強めの力で回します。逆回りも同じ要領で行います。この時に口が開いてしまわないように、強く口を閉じておくことがポイントです。右回りと左回り、それぞれ10回ずつ程度を一日に数回実行してみましょう。

どこでも手軽にできるのが魅力

口を閉じて下で強く圧迫しながら回すエクササイズは、何かをしながらでも手軽にできてしまうのが魅力です。どんな方法でも長く続けなければなかなか思うような効果は期待できないものです。その点このエクササイズなら器具も不要で、自分の好きな時に好きなだけ気軽にできる為、誰でも続けやすいところが大きな魅力です。最初のうちは何度か続けると翌日くらいにはあごの付け根あたりが筋肉痛で痛くなるかもしれません。でもそれこそ筋肉が鍛えられている証拠です。さらにこのエクササイズはほうれい線の予防にも効果的です。

小顔ダイエット・顔ヨガ

表情筋を鍛えるために効果的なのが顔ヨガです。

顔ヨガの特徴

深い呼吸と共にゆったりとしたポーズをとる事で筋肉を刺激して血流やリンパの流れを整えて健康な体を作るヨガが、年齢や性別を問わず多くの人々から支持を受けています。顔ヨガは体を鍛える本格的なヨガとは異なり、一般的なヨガで行うポーズはいわば表情を作る動作によって行います。表情筋を鍛える事でシャープなフェイスラインを手に入れ、引きしまった小顔になる効果が期待できます。専用の道具や場所も特に必要なく、自分の表情筋だけを使っていつでも手軽に行える簡単な方法です。

より効果を高めるポイント

顔ヨガでは自分がどんなふうになりたいか具体的にイメージすることが大切と言われます。まずはかおのむくみを解消するためのポーズです。鼻から息を吸って顔のあらゆる部分をおもいきリつぼめて顔の中央に寄せるようにしてから息をおもいきり吐き出します。息を吐き切ったら、今度はつぼめていた顔のあらゆる部分をぱっと開くように開放することを繰り返します。次に頬の脂肪を落としてスリムなフェイスラインにするポーズです。頬の肉を内側から吸い寄せるようにしてくちびるをおもいきり前に突き出してひよこの口元を作ります。その状態で瞳を真ん中に寄せてより目を作ります。どちらの顔ヨガも顔の表情を作るだけなので、ちょっとした空き時間を利用して短い時間でもできてしまうのがメリットです。呼吸のタイミングを守っておもいきり表情筋を動かすと、やる前と比べて顔全体がホカホカと温かく感じる事もあります。この感覚こそ表情筋がしっかりと動かせている証であり、長く続けることで顔の筋肉全体を鍛え、引き締まったフェイスラインに整える効果が期待できます。

トイレや入浴タイムを有効に利用しよう

顔ヨガが小顔になるために効果的でどこでも手軽にできるとはいえ、やはり人前でするのは何かと問題があります。かなりの変顔になるわけだし、たとえ本人が気にしなくても周りの人から引かれてしまう事も十分考えられます。そんなことにならないために、例えば人目に触れる心配のないトイレや入浴タイムなどのタイミングで行う習慣にするのがおすすめです。トイレやバスルームなら誰にも見られる心配がないし、毎日必ず利用する場所なので長く続けやすいというメリットもあります。

小顔ダイエット・歯ごたえのあるものを食べる

black-and-white-close-up-eat-433428

物をよく噛む行為は実は小顔ダイエットにも効果的です。

噛むことで鍛えられる顔の筋肉

普段特に何も考えることなくとっている毎日の食事は、食品の栄養素を体に取り入れるだけでなく、噛むことによって体に様々な影響を受けるものです。硬くて噛み応えのある食材をつかった食生活を心がけるだけで、噛むための筋肉が鍛えられ、フェイスラインのたるみを予防する効果が期待できます。誰もが食事を食べる事は毎日何気なく繰り返しているのですが、しっかり噛んで飲みこむ事を意識するためにも、硬くて噛み応えのある食べ物を意識して摂るようにすることで顔の筋肉が鍛えられます。

柔らかいものばかりを食べる事の弊害

柔らかく噛み心地のソフトなモノばかりを食べていると、顎などの骨格の正しい成長が阻害されると言われます。昔の人に比べて硬いものをあまり食べなくなった現代人は顎が細くて小さな骨格になっていると言われ、それに伴って歯並びの悪さから顎の不具合などを起こす例も少なくありません。子供のころから硬くて噛み応えのあるものを日常的に食べる事はとても大切です。ろくに噛まなくても食べられるような柔らかいものばかりを食べ続けていると、骨格や筋肉の発達に大きな影響を与え、場合によっては健康を損なってしまう事も考えられます。美容に健康に、そしてフェイスラインの引きしまった小顔のためにもしっかりと噛んで食べる食生活を心がけましょう。

小顔ダイエットにおすすめの食材

料理を作るときに、ゴボウやニンジンなどの根菜類を上手に活用することもおすすめです。歯が無くてもつぶせるくらい柔らかく煮て料理するのもいいのですが、小顔を目指すなら歯ごたえを楽しめるようなきんぴらなどの根菜料理を積極的に取り入れましょう。また、主食に白米だけでなく玄米やシリアルなどの穀物類を取り入れる方法もおすすめです。ふっくらと炊きあがった真っ白なお米だけでなく、しっかりと噛まないと食べられない玄米などの穀物類は体にもよいだけでなく、しっかりと噛むことで得られる素朴な味わいも楽しめます。また、小腹がすいた時におすすめなのがするめやガムなどを噛むことです。これらはいずれもしっかりと噛まないとならない食材なので、顔の筋肉を鍛えるのにうってつけです。そして噛む際には左右均等に噛むように意識して、いつもどちらか片方だけで噛むことのないように注意することも大切なポイントです。

まとめ

小顔ダイエットとして、様々なダイエット方法が紹介されています。でも、ダイエットランキングなどを見ると、顔だけのダイエット方法というよりもどちらかといえば全身のダイエット方法が中心です。いくら全身に効果的なダイエット方法を実践しても顔だけはダイエットできないというとき、その原因を理解してより効果的な方法を見つければ、きゅっと引き締まったフェイスラインのキュートな小顔も夢ではありません。

adult-beautiful-face-774866

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter