人の寿命が長くなっても、若い時間が長くなるわけではないので人の見た目というのの衰えは仕方のないことだともいえる […]

posted on 2018.11.30

人の寿命が長くなっても、若い時間が長くなるわけではないので人の見た目というのの衰えは仕方のないことだともいえるでしょう。ですが寿命が長くなったことで、年齢によるイメージもかなり変化が感じられるようになりました。アラフォーはまだまだ女性としての魅力が楽しめる歳だという感覚にもなってきているので、ダイエットで見た目年齢に自信が持てるようにもしましょう。

アラフォーになると痩せにくくなるのはなぜ?

endurance-exercise-female-40751

アラフォーになっても若々しく美しいスタイルの人はいるものです。ですが、そうした美しい体型を維持し続けているアラフォー女性は努力家でもあります。なぜならば、アラフォーになると普通の食事制限だけのダイエットではうまくいかないことがほとんどだからです。多くの人がダイエットをしても痩せにくくなっていると感じるはずです。そして何故アラフォーになると痩せにくくなってしまうかは、体質の変化にあります。年齢を重ねることでほとんどの人は筋肉も落ち、代謝も悪くなります。そうした代謝の悪さは、肌の化粧水の浸透力によって気づかされることも多いものです。代謝が悪くなることによって脂肪の落ちも悪くなり、便秘になりやすくなります。また、ホルモンバランスの乱れによって太りやすくもなります。そうした体質の変化が痩せにくくなっていることに影響しています。また、若いころはもっと頑張ることができたストレッチも運動も、体力が落ちたことによって少ししか出来なくなってしまったということもあるでしょう。運動ですぐに疲れてしまうようになると運動自体も面倒になりがちですから、それで汗も掻かなくなり、さらに代謝が落ちてしまう悪循環に陥りやすいのが特徴的です。ですからアラフォーになっても変わらないスタイルの良さを維持することというのはとても大変で、それができている人は努力家だともいうことができます。特別にたくさん食べていないのに太ったり、一度太ったらもう元には戻らないというようなことも珍しくはありません。こうした痩せにくくなる現象は自分だけでなくすべての女性に起こることですが、仕方のないことだと諦めてしまうとどんどん体型は崩れてしまうので、アラフォーはアラフォーに合ったダイエット方法でダイエットをしていく必要があります。効果がないものは辞めて、効果があると感じるものだけを取り入れていくよいうにしても良いでしょう。また、アラフォーのダイエットはあら体調不良の時は無理に続けないことが大事です。体調不良になるとそのまま元の健康な状態に戻すまでに時間がかかったり、仕事でも不調を感じることが多くなります。ダイエットしながら頑張れるのは若い頃だけで、アラフォーはダイエットをするなら他のことは休憩するくらいにしたほうが良いです。


アラフォーがやってはいけない5つの食生活

アラフォーのダイエットは食事制限するにしてもやっていけないことがあるので、そうした禁止事項を気を付けたうえで行うようにもしましょう。そしてアラフォーがやってはいけない5つの食生活の中には、冷たい物を食べ過ぎないということがあります。すでに隠れ冷え性状態になっていることが多いのが40代ですが、体の内側も冷たい食べ物によって冷やしてしまうと、完全に冷え性になってしまいます。女性が痩せないのは女性ホルモンの働きが関係していることも多く、生理前はどれだけ努力しても体重が減っていかないのはこうした女性ホルモンの影響が大きいものです。ですから女性ホルモンの乱れにもつながる冷えやすい食べ物中心の食生活は避けましょう。一度冷え性になると、ずっと冷え性と戦わなければいけないということがほとんどです。そして二つ目に、甘いものを朝食べるということです。中途半端におやつとして甘いものを食べてしまうくらいなら、朝の朝食に甘いものを取り入れることでダイエット中も甘い物不足にならないようにする人は多いですが、甘いものを朝に食べてしまうと、糖分も脂肪分も多く吸収されてしまうものです。ですからおやつを朝にするというような感覚で、朝食に甘いものを取り入れるのは辞めましょう。三つ目に、洋食ばかりにしないということがあります。アラフォー世代は外食といえば洋食が多かった世代ですし、またお洒落な朝食、ランチとして洋食が流行った世代でもあります。ですから和食よりも洋食に注目してしまうこともありますが、洋食は高カロリーで太りやすいものが多いです。なので洋食よりは和食中心にすることによって体を整えましょう。四つ目は夜遅くに食事を取るということです。すべての家事をやり終えた後にし遅くにしっかりした食事を取るような女性も多いですが、9時以降の食事はどんなものでもすべて栄養、脂肪に変わってしまいますし、確実に太ります。アラフォー世代は子供ももう大きくなって身支度に構う必要がなくなったことから、夜に自由に食事をすることも多くなります。ですが明日の朝早起きする必要がない時であっても、遅い時間の食事はやってはいけません。五つ目は好きなものばかりを食べ続けないことです。好きなものを食べ続けることで栄養が偏り太りやすくなります。

食事で痩せるためのポイント

appetizer-cucumber-cuisine-1059905

食事で痩せるためのポイントは、よく噛むこと、野菜から先に食べ、炭水化物のお米や、パン、お肉などは後にするということです。よく噛んでするということは食べている間に満腹感を感じられ、食べる量を減らすのに効果的です。また、よく噛むことで顎を良く動かすので、頬の運動にもなりフェイスラインが美しくなることにも効果的ということができるので、顔のダイエットと体のダイエットができて一石二鳥にもなるでしょう。そして野菜から先にすることも同じ理論で、まず野菜でお腹を満たすことができるので炭水化物やお肉の摂取量を減らすこともできます。最初に野菜を食べて、次にお肉にするなど順番を守るようにすることでダイエットも成功しやすいでしょう。そして糖質オフダイエットが人気ですが、炭水化物に含まれる糖質というのは健康な体にするために必要な栄養素でもあります。ですからただ単に食べなければ良いのだという認識ではなく、ダイエット中であれば夜だけ炭水化物を抜くようにしましょう。夜にお米を食べないというようにするだけでも体重は落ちます。アラフォーは食事制限だけでなく、口にする食べ物の成分の働きにまで注目することが大事です。その成分がどのように働き、どのように影響するかを知れば、抜いていい物、抜いてはダメなものも分かってくるでしょう。おやつを選ぶにしてもお腹で膨れやすい団子や餅類の和菓子をか選ぶのではなく、チーズ系のデザートの方がカロリーも少なく脂肪にもなりにくくおすすめです。イメージ的に和食よりも洋食のほうが太りやすい感じがしますが、物によっては必ずしも和食系が良いとも限らないので注意です。痩せるためには量を減らすことも大事ですが、痩せにくい働きをする食べ物を選ぶことも必要です。また、遅い食事、夜に食べれば太りやすくなるので必ず朝や昼に食べたいものは食べる事、夜は食べ過ぎないということも忘れないようにしましょう。食事で痩せるためのポイントは自分の体でどのような働きをするか知ることにもあります。特にグレープフルーツはむくみ防止に役立ちますが、夜に摂取したら太りやすくもなり逆効果です。どの食べ物をいつ食べるのかもこだわってみると良いです。果物は全般的に夜には向かなく、朝や昼に食べるのが良いとされます。

ダイエットにおすすめのメニュー7選

close-up-food-freshness-594059

ダイエット中はダイエットにおすすめのメニューというのも注目してみましょう。ダイエットメニューというと味が薄く満足感を得られないようなものも多いですが、見た目も味も普通、カロリーだけ抑えられるものというのも多くあります。そこでおすすめメニュー一つ目は麩の酢豚です。豚の薄切れ肉を麩で巻いて酢豚にするものです。豚肉のほとんどは麩ですから、低カロリーでおすすめです。ですが味や触感は麩だと分からず豚肉として食べることができるので満足感も高いです。そして麩は高タンパク質として知られるのでダイエット中の低カロリーで高栄養素にも最適です。しかも麩は植物性たんぱく質なので、コレステロールなども無関係です。二つ目はわかめスープで、これはお隣の韓国では誕生日に食べられるほど滋養効果が期待できるスープとして有名です。そこに玄米のおこげを浮かせればお腹の持ちも良くなり、さらに栄養も豊富になります。三つ目は豆乳鍋で、豆乳は普通の料理に使えることはあまりなく、またそのまま飲むには量に限界があります。ですが大豆イソフラボンも豊富で低カロリーなので、鍋の汁として利用すると良いです。野菜やお肉と一緒に取り入れられるので効果的です。一般的な鍋の元は味も濃く意外とカロリーが高くなることが多いですが豆乳鍋であれば低カロリーの鍋が楽しめます。四つ目は野菜雑炊です。冷たいご飯を好きな野菜と、好きな味付けの素で煮るだけなのでとても手軽にできます。雑炊は水分によってお米が膨らむので、とても少しの量のお米でも満足感を得ることが可能です。ダイエットに向いているでしょう。五つ目は春雨サラダで、春雨も低カロリーで、弾力があるので食べ応えがありますし、春雨サラダに入れるキュウリも、味付けに使うお酢もダイエットに適しているものです。キュウリはほぼカロリーはないですし、お酢は含まれる抗酸化作用で脂肪の分解を早くしてくれます。すべてが低カロリーなので夏のダイエットにも良いです。六つ目はしゃぶしゃぶで、しゃぶしゃぶは余分なお肉の脂をお湯で落とすことができ、一緒に温野菜も食べられます。七つ目はトマトを使った料理です。トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用があるので痩せやすくしてくれます。炒めて中華風にすればたくさん食べられます。

アラフォーのダイエットは若い頃のダイエットとは違う!

アラフォーになってからダイエットを始めたことがある人であればすでに気が付いていることでもありますが、アラフォーのダイエットというのは若いころのダイエットとは違います。スピードから痩せる部分、痩せ方までもが異なります。脂肪をげっそりと落とすことができても、若いころのように肌にハリもなく生き生きとしていないことから、まるでミイラのような印象になってしまうこともあります。特に顔の辺りは無理に脂肪を落とすとクマができてしまい、疲れた画期ない印象にもなってしまいます。アラフォーのダイエットは間違えると不健康で、見た目年齢がとても老けてみられるようにもなるので注意です。無理に痩せるとシワを増やすことにもなるので、徐々に痩せていくようにすることが大事です。適度な運動と食事で痩せることができないような時はマッサージや温活も始めてみましょう。痩せないことの原因すべてが冷えにつながっていたということも珍しくありません。まだまだ元気だからといって薄着で過ごしてしまうことが多いような人も、まずは冷えない体にすることでダイエットをスタートさせるのが良いです。またサプリや酵素ドリンクも取り入れるのが良いです。食事毎に取り入れるのではなく、1食置き換えにしたり、サプリによって脂肪の燃焼効果を高めてみましょう。長年蓄積されてきた脂肪というのは食事制限では落とすこともできないですし、落とすにはまず筋肉をつけることが大事になります。ですが女性はもともと男性よりも筋肉が少なく、アラフォーから新しい筋肉を作るには時間も必要です。ですからサプリの作用に助けてもらうのも良い方法です。また、漢方も取り入れましょう。ぽっこりお腹を改善させるための漢方というのも販売されているので、仕事柄食べる時間が遅くなったり栄養が偏るのが避けられない人は漢方で体質改善もしてみましょう。漢方もサプリも飲むだけですから手軽です。しかしながら、劇的に痩せるにはクリニックでの脂肪吸引や施術などが必要にもなってきます。自分の力だけではどうにもならないこともあるので、できるだけ効果が出やすい部分だけに絞って集中的なダイエットにするのもおすすめです。自分に合ったダイエット方法は自分の経験からしか生まれないこともありますから、何事も試すことが大事です。

まとめ

アラフォーはまだまだ女性としての楽しみを満喫したい年です。ですからダイエットも必要になってきますが、若いころと同じではだめです。食事制限するにしても体調不良にならないようにしたり、食べ物が自分の体にどのような影響を及ぼすのかも考えながら食事をしていくと良いでしょう。自分の体に良い物を取り入れることで成功させましょう。

arms-cheerful-coffee-1331971

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter