少しでも細く見せるためには、小顔はとても重要ですよね。ですが、ダイエットしてもなかなか頬の肉が落ちずにお悩みの […]

posted on 2018.11.30

少しでも細く見せるためには、小顔はとても重要ですよね。ですが、ダイエットしてもなかなか頬の肉が落ちずにお悩みの方も多いのではないでしょうか。この記事では、顔に脂肪がつく原因や、顔に脂肪がつくのはどんな人かという疑問を解決します。むくみ解消マッサージの方法や顔のエクササイズもご紹介するので、ぜひご参考ください!

顔に脂肪がつくのはなぜ?

図1
顔に脂肪がつくことは、顔のたるみの原因にもなり、フェイスラインもくずれてしまいます。顔に脂肪がつく原因は、大きく分けて五つあります。それぞれの原因について、詳しく見てみましょう。

むくみが原因!老廃物が溜まって顔太り

脚のむくみを気にしている方は多いですが、顔もむくみが目立つ気になる部分ですよね。顔に脂肪がついて見える原因として、水分が溜まってむくんでいることが考えられます。お酒の飲み過ぎや塩分を取りすぎなどによって、水分がたまりやすくなるとむくみが発生することがあり、慢性化すると冷えやすくなり脂肪がつく原因にもなります。

もしかして太ったことも顔太りの原因かも?

「以前より少し太ったかもしれない」という方は、頬の肉には特に悩まされているかもしれませんね。食事での炭水化物や脂質の摂りすぎと運動不足などで以前より太ってしまうと、顔にも脂肪がつきやすいです。全身が太って必然的に顔にも脂肪がつくタイプは、周囲から見てもわかりやすいですよね。

ゆがみが原因!姿勢が悪いと顔太りしやすい

スマートフォンやパソコンに夢中になると、首が下がり猫背になるなど、姿勢が悪くなりがちですよね。このような悪い姿勢を長く続けていると、体がゆがみやすくなります。「体がゆがむとどうして顔太りの原因になるの?」とお思いの方がいらっしゃるかもしれませんが、体がゆがむと肩や首の血行が悪くなります。これは、肩こりなどが出てくるのでよくわかりますね。肩こりや首や背中の疲れが出てくると、老廃物がつまりやすくなり、顔にも脂肪がつきやすくなるのです。

ストレスが原因で顔太りしているかも

顔の脂肪に悩んでいる方は、日常生活でストレスを抱えていることが多いようです。ストレスは暴飲暴食の原因にもなりますし、気がつけば歯の噛みしめによってフェイスラインがゆがむ原因もつくってしまうこともあります。それによって顔がむくんだり脂肪がついてしまったということにもなりかねないので、ストレスを感じたときには適度なリフレッシュが大切です。

顔の筋肉をあまり使っていないことが原因で顔に脂肪がついた?

普段、よく笑っていますか?表情筋をあまり使わないでいると、顔の筋肉が衰えてしまい、顔に脂肪がつく原因になります。また、あまり話さない方も、顔の筋肉を使わなくなってしまうため、顔に脂肪がつきやすくなりますので、適度に表情や口を動かすことも顔やせには重要です。

顔に脂肪がつくのはこんな人!

男性女性を問わず、顔につく脂肪は気になるものですが、この、顔に脂肪がつく人には、三パターンの人がいます。それはどんな人なのか詳しく見てみましょう。

姿勢が悪い人は顔に脂肪がつきやすい

姿勢が悪い人は、背筋や腹筋などの大きな体の筋肉をあまり使わない傾向にありますが、筋肉を使わなければ脂肪はつきやすくなります。また姿勢が悪い人は体がゆがみやすく、体がゆがむと肩こりや首のこりと同時に、体だけではなく顔も老廃物の排出がとどこおりがちです。よくリンパがつまるといいますが、老廃物が溜まれば脂肪はつきやすくなりますので、意識して姿勢を良くすることも顔やせのためには大切です。

生活習慣が悪い人は顔に脂肪がつきやすい

生活習慣が悪い人が太りやすいというのは、周知の事実ですよね。「顔は関係ないのでは?」とお思いになるかもしれませんが、生活習慣が悪いとしっかり顔にも脂肪がつきますよ!良くない生活習慣には、暴飲暴食だけでなく、運動不足、たとえば仕事で座りっぱなしで体を動かさないなどの習慣も含まれます。栄養バランスももちろん大切ですが、定期的に席を立って伸びをしたり、少しでも歩いたりして、体を少し動かすことを意識すると、血行も良くなり運動習慣も良いほうへ変わります。歩く距離を増やすことも、運動不足を解消し代謝を上げるためにいい習慣ですよね。

顔の筋肉をあまり動かさない人は顔に脂肪がつきやすい

顔には表情を動かすための眼輪筋や頬筋などの筋肉や食べ物を噛むためのあごの筋肉など、たくさんの筋肉が集まっています。顔の筋肉をあまり動かさない人は、顔に脂肪がつきやすく、顔のたるみも起きやすいといわれています。無表情や表情をあまり変えない人、あまりほかの人と話さない人や、食べ物を噛むとき噛む回数の少ない人は要注意です。顔の筋肉をあまり動かしていなかったという自覚がある方は、少しでも表情の動かし方や口の開け方を大きくするといいかもしれませんね。


即効性あり!むくみ取りマッサージ

むくみが取れると小顔になり写真うつりも良くなりますよね。エステを利用するのもいいですが、ここでは、自宅でできるむくみを取るためのマッサージの方法をご紹介します。マッサージを行う上での注意点とむくみやすい部位のマッサージ方法を見ていきましょう。

マッサージをする前の注意点

むくみ取りマッサージをする前に、肌や顔の筋肉を守るための注意点として、三つのことを確認しておきましょう。
まず一つめは、強く行うとかえって顔のたるみやシワの原因になるため、強くさすりすぎてはいけないということです。二つめとしては、マッサージをするときには手を温め、肌を痛めないように美容オイルや保湿クリームなど、指の滑りが良くなるものを塗りましょう。そして最後に三つめとしては、長時間行うとかえって顔の筋肉や肌を傷つけることがあり良くないため、3分から5分を目安にすることです。
リンパ節のある鎖骨や耳の付近、あごなどをマッサージしておくと、リンパの流れが良くなり、むくみが取れやすいですよ。朝の化粧の前やお風呂上がりなど、続けやすい時間を見つけましょう。それではマッサージの注意点を参考に、実際に行うといいむくみ取りマッサージの紹介をしていきます。

adult-beautiful-face-774866

1.頬のむくみ取り

特に目立ちやすいのが頬のむくみですが、頬のむくみを改善すると、脂肪に隠れていた骨が見えやすくなることで頬骨の位置が高く見えたり肌にハリが出たりと嬉しいことが多いです。頬のリフトアップをしたい方にもおすすめですよ。
具体的な頬周りのマッサージのやり方としては、小鼻の周りから頬の外側に向けてそっと4本の指を滑らせます。また、手全体を使って頬をぐるぐるとさすってみてもいいですね。

2.目の周りのむくみ取り

朝起きぬけにまぶたがひどくむくんでいることもありますが、こういったむくみはすぐに解消したいですよね。目の周りのむくみが取れると、目が大きく見えますので、アイメイクをバッチリ決めたい方にもおすすめです。目の周りは皮膚が薄く繊細ですので、ほかのマッサージより特に優しく行いましょう。
目の周りのむくみ取りの方法としては、眉の上を眉間から眉尻に向けて老廃物を流すようなイメージでそっと指を滑らせます。強く下まぶたを押さないように気をつけながら目の下にもそっと指を滑らせましょう。目の周りには目の疲れに効くといわれているツボも多いため、疲れ目のときに目を休めるためにこのマッサージをすると楽になり気持ちがいいですよ。

3.あごのラインのむくみ取り

一番目立ちやすく気になるのが、あごなどのフェイスラインのむくみだ、という方は多いのではないでしょうか。あごのラインがすっきりしていると、健康的な小顔に見えやすいですよね。
マッサージ方法としては、指先をあごの先から耳まで滑らせ、その後鎖骨までそっと指を滑らせ、つまりを流します。あごは、脂肪が落ちてくると変化を感じやすいですよ!そのほかにも、骨気(コルギ)マッサージや小顔エステも話題になっていますよね。

View this post on Instagram

#マッサージ#小顔#コルギ#ヘッドスパ#リンパ#むくみ#むくみ改善 #むくみ解消 #中国エステ#究極のヘッドスパ#80分コース ヘッドスパ7 #顔のむくみ取り #リンパも流して #免疫力アップ

A post shared by 石川昌太 (@shota.ishikawa.tsune) on

顔の脂肪を落とすエクササイズ

顔の脂肪を落とすエクササイズをご紹介していきますが、このときに気をつけたいことは、自分が痛みを感じない範囲で無理をせずに行うことです。

表情筋を大きく動かすエクササイズ

笑顔、怒った顔、悲しい顔など、さまざまな表情を大きく浮かべてみましょう。表情を大きく動かすと普段使っていなかった筋肉を使うことができますが、特に、思い切り笑顔を作ると心まで明るくなれますので、どうぞお試しください。

口を大きく開けてあいうえお体操で顔の脂肪を落とす

口を大きく開けて、「あ・え・い・う・え・お・あ・お」と発声するあいうえお体操もあります。ほかにも「わ・お・わ・お」「い・う・い・う」など、さまざまなかけ声の発声体操がありますが、共通しているのは口を大きく動かして普段あまり使っていなかった筋肉を動かすということです。日頃動かしていなかった筋肉を動かして、すっきり小顔になりましょう!

頬すぼめや舌出しなど、普段あまり使わないあごや頬の筋肉を動かすエクササイズ

頬を思い切りすぼめて膨らませるを繰り返すエクササイズや、舌を出してゆっくり首を前後させるエクササイズもあります。数秒かけて3セットくらい行うと、普段あまり使わない筋肉にいい刺激を与えることができるエクササイズで、続けると、あごや頬のラインがすっきりしてきます。

顔と体はつながっている!体もしっかり動かして脂肪を燃焼

顔と体はつながっているので、顔だけではなく、体のエクササイズも取り入れるとさらに顔の脂肪が落ちやすいですよ!
肩や背中を大きく動かして、とどこおっていた老廃物の流れもスムーズにしてあげましょう。
ヨガのポーズを取り入れてみてもいいですが、背筋を伸ばしたり姿勢を良くして歩いたりするだけでもコンディションが違ってきます。日常生活でできる伸びのポーズなども意識してやってみるといいですね。

表情豊か・よく噛むことは顔の脂肪を落とす

表情を豊かにする、食事をよく噛むなど、顔を大きく動かす習慣をつけることも顔の脂肪を落とすためには大切です。日常生活でできる顔の脂肪を落とすための顔の筋肉の使い方について見ていきましょう。

表情豊かになって小顔美人になる

タオルを巻いた女性

とても綺麗な人なのに、いつも無表情な方もたまにいらっしゃいますが、表情豊かな方はもっと輝いて見えて素敵ですよね。表情豊かになると、あまり使っていなかった顔の筋肉を使うことができ小顔を目指すこともできますよ。
より良い表情を作るためのトレーニングとして、鏡の前で行う簡単なトレーニングがあります。
まず、洗面台の前など、自分の顔が良く見える大きな鏡の前に立ち、自分の一番の笑顔でにっこりと笑顔を作ります。しばらくその笑顔をキープすると、意外と顔の筋肉を使います。むくみ取りマッサージやエクササイズを鏡の前で意識しながら行うのも、自分の顔の状態を確認しながらできるのでいいですよね。
毎日、鏡の前に向かうと、顔やせしようという意識も高まりますが、やせなければと思いつめすぎずに、楽しくトレーニングを行っていくのが長続きのコツですよ!
また、人と話すことも表情を豊かにしてくれるので、あまり見た目を気にしすぎて人目に臆病にならず、積極的に人と話すことも美容のためにはかえって大事です。

食事をよく噛んで小顔美人になる

「良くないとわかっているけれど、ついつい食事を早く食べちゃう」「普段からあまり噛まない食事をする」という方はいらっしゃいませんか?お察しのとおり、その噛まない習慣は、あまり良くありませんよ!堅いものを食べるのが苦手で柔らかいものばかり食べるという人は、年を取るとだんだんあごの筋肉が落ちてしまいますよね。

顔の筋肉が落ちると、顔の脂肪もたるみやすく、さらに顔が太って見える悪循環におちいります。そうなる前に、食べ物をよく噛む習慣を身につけてみませんか?
「でも、よく噛むってどれくらい噛めばいいのかな?」という方は、30分かけて食事を食べることが理想ですが、それができなければ、まずは食事を20分以上かけて食べてみましょう。小さい頃学校などで、「一口30回噛みましょう」という言葉を聞きましたよね、これを意識して噛む回数を数えてみるとたくさん噛めます。
「あごの筋肉が発達しすぎるのでは?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、噛まないと筋肉が衰えて老後噛めなくなる恐れもありますので、健康を考えても、やはりよく噛むほうがいいですよね。
よく噛むとお腹がいっぱいにもなりやすいので、さらに太りにくくなり、一石二鳥ですよ。

 

綺麗に顔やせするために

いかがでしたか?顔の脂肪のつきやすさには生活や行動の習慣が大きく影響していることと、顔の脂肪を落とすための行動について解説してきました。ほかの記事も参考にしながら、顔やせにいいと感じたことはどんどん実行して、さらに綺麗になってくださいね!それでは、記事をお読みいただきありがとうございました。このリンクの記事もぜひご参考ください!

643cac014e696522b591a1ab3b3190f2_t

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter