乳酸

乳酸とは

乳酸とは、人体では主に筋肉に負荷がかかったり、筋肉が活発に運動したりすることによって筋肉にたまる物質である。化学的には、有機化合物の一種であり。脂肪族ヒドロキシ酸の一種である。古くは乳酸とは筋肉の疲労物質の一つであると考えられており、現在でも乳酸は疲労物質であるという認識が強く根付いているものの、最近の研究では乳酸と疲労に直接的な関連は一切ないということが明らかになっている。

また乳酸と言われて思い浮かべられるものの一つとして乳酸菌がある。乳酸菌は多くの発酵食品に用いられ、近年ではその健康効果の高さも注目されているが、この乳酸菌という菌は、炭水化物に含まれる糖類を分解し発酵させ乳酸を生成する機能を持っている。

Related Posts


乳酸がたまる理由

96

乳酸が体内において生成されるメカニズムは以下のとおりである。

人体において、筋肉が運動したり、負荷がかかったりしたときに、エネルギーを産生するためにブドウ糖を消費する。このブドウ糖を用いて人体のエネルギー通貨であるアデノシン三リン酸(ATP)が生成される。このプロセスが行われる回路は解糖系と呼ばれる。この解糖系においてATPが生産されると。ピルビン酸が生産される。ここからさらに反応と代謝が進行し、最終的に乳酸が生成される。この乳酸はすぐに消費されるものではないため、生成された後はしばらくの間筋肉に蓄積されていくのである。

一般的に、乳酸はクエン酸によって分解される。そのため、レモンなどの酸っぱい食品を摂取することによって乳酸が分解される。それ以外では、乳酸の分解速度は速くないため、一時的に筋肉に蓄えられたのちに、血液に乗って全身へとめぐる。

乳酸の働き

209

前述の通り、つい近年まで乳酸というのは運動の際に生成される物質であり、これが筋肉の疲労の原因となる物質であるという考え方が一般的であった。この考え方が生まれた原因は、疲労状態の体の血液中には乳酸が多く含まれていたためである。

しかし近年では、乳酸は直接的に疲労の原因になる物質ではないということがわかり始めてきた。むしろ乳酸は疲労回復を促進することに有用な物質であるという研究結果も発表されている。筋肉に激しい負荷がかけたり激しい運動を行ったりすることによって、ブドウ糖が非常に多く消費されていく中で、解糖系で生成されるエネルギーだけでは運動が追い付かない時のために、乳酸を代替エネルギー源として運動しているのではないかという研究結果もある。このように、乳酸には、体にとって様々な有効な働きを持っている。

記事参考元:
よく耳にする「乳酸」って一体何?
乳酸の基本 -乳酸は悪者なのか?-
乳酸は疲労物質?
バケツ理論で乳酸蓄積を知る
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter