DHA(ドコサヘキサエン酸)

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは

DHAとは、Docosahexaenoic Acidの略であり、n-3系の多価不飽和脂肪酸に分類される。人体内ではEPAから微量に合成できるが、それ以外の方法でDHAを体内で作ることはできないため、外界から食事などを通して摂取する必要のある必須脂肪酸の一つとされている。

DHAは必須脂肪酸であり、人体にとって必要な物質である。必須脂肪酸の多くは、細胞膜の形成などに関与しており、DHAも体の様々な部位にある細胞の細胞膜を形成するのに必要な物質である。また、細胞膜以外にも、体内の重要な分泌物質であるホルモンなどの形成にも深くかかわっており、様々な部位で必須脂肪酸は必要とされている。それと同時に、その存在は人体の健康面、美容面など実に多岐にわたって多彩な効果を発揮することが知られるようになった。


DHAの効果・効能

053-300x200

DHAの効果のうち最も有名なものは、摂取すると頭がよくなる、というものである。これは、脳の神経細胞をDHAなどの脂肪酸が形成しているためであるが、DHAの役割は他の脂肪酸よりも重要なものである。

DHAは神経細胞の膜を柔らかくすることで神経伝達物質の量を増加させたり、神経細胞の軸索を伸ばし樹状突起を増やしたりといった効果もある。これらのことが起きることで、脳内における情報の伝達がよりスムーズかつ速くなり、脳の活動が活発化され結果として、いわゆる「頭の回転が速い」状態になるのである。同様の理由で、DHAはアルツハイマー病や認知症の予防にも効果があるのではないかと期待されている。

そして、目の網膜の脂肪酸のおよそ40%がDHAであるため、DHAを摂取すると、視力の回復や動体視力の向上などの効果がみられる。
また、DHAには血中の中性脂肪を下げる効果もあり、さらに、善玉コレステロールを増やすことによって、血液の流れをよくする働きも持っている。

DHAが多く含まれる食品

118

DHAが多く含まれる食品は、サバ、イワシ、アジ、マグロといった青魚や、ウナギ、なすといった食材である。DHAをこれらの食品から効率よく摂取するためには、特に魚の場合は生で刺身のまま食べるとよい。これは、DHAが熱に弱く、加熱することで容易に分解されてしまうためである。

また、これら以外の方法でDHAを摂取する方法の一つにサプリメントが存在する。サプリメントのものは、DHAが凝縮された形になっており、非常に摂取効率が良い。摂取にあたって、普段の食事にも含まれている物質であるため特にほかの薬との組み合わせが禁止、などといったことはないが、病気の治療中の場合は医療機関を受診し、念のため摂取しても良いか確認をとったほうがよい。

記事参考元:
DHA(ドコサヘキサエン酸)|成分情報|わかさの秘密
魚を食べると頭がよくなる、だけではなかった!
情報伝達をスムーズにして脳の老化を抑制
DHAの効果と効能 コレステロール・中性脂肪を下げる・血液サラサラ効果など
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter