EPA(エイコサペンタエン酸)

EPA(エイコサペンタエン酸)とは

EPAとは、eicosapentaenoic Acid、エイコサペンタエン酸の略であり、n-3系の多価不飽和脂肪酸の一種である。n-3系の多価不飽和脂肪酸であるEPAは、体内では合成できない物質であり、食事などを通して摂取する必要のある必須脂肪酸の一種である。EPAは必須脂肪酸の一つであることからもわかるように、人体が正常に機能するために必要な物質であると同時に、人体の健康に良い実に様々な効果も持ち合わせている。つい最近までは、EPAは必須脂肪酸の一種であるということも一部の人にしか知られていなかったものの、エスキモー人の食生活と健康の関連についての研究で、EPAの存在が発見されたことを皮切りに、現在では健康に非常に良い物質として、多方面から注目を浴びている物質である。

Related Posts


EPAの効果

117

EPAには様々な働きがある。
まずは、必須脂肪酸としての働きである。脂肪と聞くと肥満の原因であると考えてしまいがちであるが、特に脂肪酸は体の細胞の細胞壁や、その他体の重要な部分を構成するために必要な物質である。
次に、EPAの最も知られている効果は血液の質を改善する効果である。EPAは血液をサラサラにする効果を持ち、血液内で血栓が生じないための、血小板が固まらないための作用を持っている。また同時に、EPAは血管を柔らかくする効果があり、全身の毛細血管の隅々まで赤血球が到達しやすいといったメリットが存在する。さらに、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きも持っている。
また、EPAには抗炎症効果と抗アレルギー効果があることが知られている。n-3系多価不飽和脂肪酸は、炎症の原因ともなる白血球の一種のマクロファージの活動を抑制するため、炎症を抑えることができる。同時に、アレルギーの下人となる物質の抑制の効果も持つため、アレルギー症状も防ぐことができる。
このほかにも、精神安定効果や、抗がん・がん予防効果などがある。

EPAが多く含まれるもの

118

EPAは、主に魚に多くふくまれる物質である。その中でも、身近なものではサバ、イワシ、アジといった青魚には特に多くEPAが含まれている。このほかにも、あん肝、すじこ、いくら、ブリ、サンマ、マグロのトロなどにもEPAが豊富に含まれている。このほかにも、大豆などに含まれる物質を用いて、人体はEPAをごく微量であるが合成することもできる。
しかし、EPAはとても熱に弱いため、これらを加熱調理してしまうとほとんどEPAを摂取することができなくなってしまう。EPAを摂取したい場合はこれらを生で食さなければならない。
生魚を食べることができない、あるいは無理な環境にあるという場合には、近年ではEPAのサプリメントも存在するため、これを利用するとよい。

記事参考元:
EPA(エイコサペンタエン酸)とは?
EPAナビ
DHA・EPA|DHA・EPAの効果・効能・食品・摂取量
EPAとは|サプリメント
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter