ホットヨガ

ホットヨガとは

ホットヨガとは、室温39℃前後、湿度60%前後に保たれた室内で行うヨガを意味する。この室温は体を一番柔軟にするとされており、また、多湿な環境は発刊を促し、汗の蒸発を防ぐ効果がある。普通のヨガよりも、早い段階で体が柔軟になるため、より効果的に無理なく筋肉を伸ばすことが出来ると言われている。

Related Posts


そもそも、ヨガとは?

217de24c863951773aa07d7077c06031_s-300x200

ヨガとは、調和、統一、バランスを意味しており、心、身体、魂を結びつけることによって、身体だけでなく精神的にもリラックスして心身ともに健康になることを目指している、紀元前約4000年~2000年ごろにインダス文明のもとで生まれた、歴史のある健康法だ。ヨガのゆっくりとした動きやポーズは、自然に筋肉を伸ばすことや、インナーマッスルを鍛え、身体のゆがみをとることを目的としている。

ホットヨガのメリット

室内の温度を高めることで、発汗作用がより働き、ヨガよりも痩せやすくなる。また、身体が温まることで代謝が高まり血液の循環もよくなるため、デトックス効果も上昇する。

ホットヨガのデメリット

ホットヨガは、室内の温度や湿度を高めに設定して行うため、水分補給をしっかりしないと脱水症状になり、危険な状態になる可能性が高くなる。また、体力が消耗しやすく、疲れやすく感じてしまう場合もあるため、徐々に体を慣らしていく必要がある。

ホットヨガによる効果

08f546a2445ed22e1b33cff5a9839f1a_s-300x200

冷え症改善

現代の人々の生活は、暖房器具やクーラーなどの普及や、運動の不足により、汗をかいて体温を調整する機会が減少している。冷え症は、気温の変化が少ない環境で生活することにより起こるとされているため、ホットヨガで定期的に体温を上昇させることで、冷え症の改善に効果があるとされている。

デトックス効果

汗には体温調節のほか、毛穴にたまった古い角質や雑菌、また、摂りすぎた塩分やカリウムなど身体にたまった老廃物を排出するという効果がある。ホットヨガでは、大量の汗をかくことになるため、このように汗からのデトックスの効果がある。
また、ホットヨガによって代謝がよくなることで便秘の解消にもなり、身体にたまった老廃物が多く出ていきやすい身体を作ることが出来る。

リラックス効果

ヨガを行う際は副交感神経を刺激する腹式呼吸をするため、リラックスやストレス解消の効果がある。また、ホットヨガにより大量の汗をかくことで、運動をした後のようなさっぱりとして気持ちいい状態になります。

肩こり、腰痛の解消

ホットヨガには筋肉を柔らかくする効果があるため、普段凝り固まってしまい痛みを発している肩や腰の筋肉をほぐし、痛みを解消する効果もある。

PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter