ペプチド

ペプチドとは

ペプチドは、アミノ酸が数個つながった構造をもち、アミノ酸とタンパク質の中間の性質をもつ成分で、タンパク質を分解する過程で生成される成分。タンパク質はサイズが大きく、体内で消化吸収されるまでに時間がかかる一方、ペプチドは単体のアミノ酸よりも豊富な栄養素をもち、体内に早く吸収される性質がある。その主な働きは、それぞれのアミノ酸の役割を受け継ぎ、ホルモン作用や神経伝達作用などがある。

Related Posts


ペプチドの効能

075

ペプチドは体の基本的な機能や健康維持、美肌に欠かせない良質のタンパク質、その構成成分である必須アミノ酸がすべて含まれている。特に免疫力を上げるアミノ酸は、体内にウイルスが進入してきた場合グルタミンという物質が免疫細胞を生産し、ウィルスを撃退する。その他、肝機能の代謝力を上げ、アセトアルデヒドの分解を助ける効果があるため、アルコール分解を速めて二日酔いの症状も和らげる。その他、筋肉増強や、新陳代謝を高め、脂肪燃焼効果、疲労回復効果などあらゆる効果が期待できる。
また、最近ではペプチドを栄養素ではなくアレルギーの抗原としての働きにも注目が集まっている。

ペプチドの種類

112
引用元:‟ペプチド”って何??

ペプチドは元となる食品やタンパク質の種類によって働きが異なり、それぞれの由来に従って名前が付けられている。

大豆ペプチド

含まれているアミノ酸のバランスが良く、丈夫な体をつくったり、けがをした筋肉の修復をする効果がある。また、基礎代謝を促進させる働きがあることから、脂肪が付きにくい身体となり、その上体脂肪の燃焼を促す作用もあるためダイエット効果が期待されるとされている。

イワシペプチド

イワシのタンパク質には必須アミノ酸が含まれているため、高血圧を抑えて血圧を安定化させる働きがあるとされている。

魚肉ペプチド

継続的な魚肉ペプチドの摂取により、生体内での酸化ストレスを軽減が期待されており、生活習慣病の予防、アンチエイジング効果があるとされている。

ホエイペプチド

ホエイタンパク質は、体内で合成することの出来ない必須アミノ酸を多く含んでいる。必須アミノ酸は人間の筋肉を構成するタンパク質を生成する重要な成分で、疲れた筋肉を修復し、増強する効果がある。また、細胞を活性酸素の攻撃から守り、体内の免疫機能を強化する効果もあるとされている。

摂取方法

ペプチドは大豆や魚、牛乳などペプチドを含む食品を摂取することや、ペプチドの入ったサプリメントをとることで摂取できる。

PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter