ファイトケミカル

ファイトケミカルとは

ファイトケミカルとは、植物に含まれる様々な化学物質のことである。「ファイトケミカル」という言葉の「ファイト」というのはギリシャ語で植物という意味の言葉であり、「ケミカル」英語で化学物質という意味の言葉である。

今までは野菜、果物など野菜のミネラル分やビタミン分などばかりが注目されてきたものの、近年になって、植物に含まれる様々な、栄養素として認定されていない化学物質についても、体に良い効果があるということが分かってきた。場合によっては炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素に第六の栄養素として食物繊維を加えたものにさらに第七の栄養素としてファイトケミカルが数えられることもある。

ファイトケミカルの多くは、植物の色素や香り、苦み成分で、厳しい環境に耐えるために植物が作り出してきた化学物質である。その種類は実に1万種類以上あり、あらゆる野菜から取り出すことができる。

Related Posts


ファイトケミカルの効果

103

ファイトケミカルには、実に様々な効果があり、そのすべてをここで紹介するのは難しいため、主な効果について説明する。

その一番の効果というと、やはり抗酸化作用である。抗酸化作用というのは、体を活性酸素から守るということである。活性酸素は、体の細胞や様々な臓器や部分に対して働きかけることによって老化や生活習慣病の原因となってしまう。抗酸化作用を持つ物質は、この活性酸素と反応したり、活性酸素の活性を失わせたり、活性酸素を消費したりすることによって、活性酸素から体を守り、老化や生活習慣病から体を守ってくれるのである。

抗酸化作用がメインの効果であるが、そのほかにも免疫力の向上にも効果的である。さらに、美容効果などにも非常に大きな効果を発揮するのである。

ファイトケミカルの種類

ここで、いくつかのファイトケミカルを紹介する。

◦ポリフェノール
このポリフェノールに分類されるものには、緑茶や赤ワインに多く含まれるカテキンや、ブルーベリーに多く含まれるアントシアニンなどがある。また、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールなども、この一種である。

◦カロテノイド
このカロテノイドに分類されるものには、ニンジンやカボチャに多く含まれるカロテンや、ミカン、ホウレンソウに多く含まれるベータクリプトキサンチン、トマトやスイカに含まれるリコペンなどがある。

◦含硫化合物
この含硫化合物に分類されるのは、大根やワサビに多く含まれるイソチオシアネート系の物質や、玉ねぎやキャベツに多く含まれるシステインスルホキシド系の物質がある。

記事参考元:
ファイトケミカルが今、なぜ注目されているか
第7の栄養素 ファイトケミカルって何?
「ファイトケミカル」とは何かの成分のことでしょうか?|タニタの健康コラム
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter