必須アミノ酸

必須アミノ酸とは

必須アミノ酸とは、体に必要な物質であるアミノ酸のうち、体内にある物質や、他のアミノ酸から人体が合成することのできないアミノ酸のことを言う。アミノ酸とはたんぱく質の基本構成単位のようなものであり、ヒトの体を作るにあたって必要不可欠な物質である。この必須アミノ酸は、人体が合成することのできない物質であるため、肉や魚、卵などのたんぱく源からたんぱく質を摂取してこれらの必須アミノ酸を得る必要がある。

そのほかにも、非必須アミノ酸と呼ばれる種類のアミノ酸もある。これらについては、体内に存在するほかの物質や、摂取したほかのアミノ酸から合成することができる。しかし、非必須アミノ酸についても、体にとって必要な物質であるため、摂取する必要はある。

Related Posts


必須アミノ酸の種類

209

必須アミノ酸は、全部で9種類存在する。

◦バリン
BCAA(分岐鎖アミノ酸)の一つで、血液中の窒素濃度の調整、成長促進、免疫力向上、精神を安定させるといった効果がある。筋肉を形成するのに大切なアミノ酸である。魚介類や、牛肉、豚肉、チーズなどに特に多く含まれ、不足すると、食欲低下の原因となってしまう。

◦ロイシン
BCAAの一つであり、肝機能の向上、体の機能の修復などの効果を持ち、筋力維持に非常に重要な役割を果たすアミノ酸である。魚介類、鶏肉、鶏卵に多く含まれる。

◦イソロイシン
BCAAの一つで、成長促進、甲状腺機能の向上、血管拡張、神経機能の補助、肝機能の向上などの効果を持ち、ヘモグロビンの形成に必要なアミノ酸です。魚介類や、豚肉、鶏卵に多く含まれる。

◦フェニルアラニン
血圧正常化、鎮痛作用、食欲抑制などの効果を持ち、ドーパミン、ノルアドレナリンなど様々なホルモンの原料になる。大豆製品、アーモンド、牛肉、鶏肉、魚介類に多く含まれる。

◦トリプトファン
睡眠障害の改善、コレステロール・血圧のコントロール効果などを持ち、脳内神経伝達物質であるセロトニンの原料になる。鶏卵、牛乳、魚介類、落花生などに多く含まれる

◦スレオニン
小腸の機能、消化吸収促進、新陳代謝の向上、成長の促進などの効果がある。魚介類、大豆製品、肉類、乳製品などに多く含まれる。

◦メチオニン
有害物質の体外への排出、薬物中毒の解消、肝機能の改善などの効果を持つ。メチオニンはタンパク質合成の際に一番先頭に来るアミノ酸であるため、これがないと体内でたんぱく質を合成することができなくなってしまう。魚介類、肉類、大豆製品に多く含まれる。

◦ヒスチジン
成長促進、免疫力向上などの効果を持つ。ヘモグロビンや白血球に特に多く含まれるため、不足すると貧血になってしまう。魚介類に特に多く含まれる

◦リジン
成長促進、肝機能改善、疲労回復などの効果を持つ。魚介類、大豆製品に多く含まれる。

必須アミノ酸の重要性

必須アミノ酸は、前述の通り体内で合成することができない。しかし、ヘモグロビンや白血球の合成、ノルアドレナリンやそのほかのホルモンの合成、筋肉や骨やその他体の各部分の形成、体の臓器の修復や機能改善、免疫力向上、体内でのタンパク質合成など、実に様々な役割を担っている。もちろんこういった重要な機能のほかにも必須アミノ酸はさまざまな機能を持っており、摂取することは非常に大切である。

この9種類をすべてバランスよく含むものを良質タンパク質という。肉類、魚介類、鶏卵、牛乳などがこれに当てはまる。ほかの食品も、一部の必須アミノ酸を豊富に含むが、ほかの種類の必須アミノ酸を含まないという場合があるので、注意しなければならない。

記事参考元:
必須アミノ酸と非必須アミノ酸
カラダをつくる良質タンパク質【必須アミノ酸】
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter