ビートファイバー

ビートファイバーとは

ビートファイバーとは、その名の通りてん菜(ビート)に豊富に含まれる食物繊維のことである。ビートファイバーは、てん菜から砂糖を製造する際に得られる天然の食物繊維である。整腸作用に優れていて、厚生労働省によって特定保健用食品としての認定を受けている。

食物繊維とは、食べ物に含まれる要素で、ヒトの各消化器官によって消化されることがなく、大腸までそのまま到達する物質である。大腸で一部消化されるが、基本的に便の形成の機能を果たす。

ビートファイバーは、近年まで全く注目されていなかったものの、一般的なその他の食物繊維と比較して、ビートファイバーは様々な利点が存在するので、現在では通常の食物繊維よりも優れた食物繊維としてビートファイバーは注目されている。

Related Posts


ビートファイバーの主成分

109
出典:HOKKAIDO SHOWCASE

ビートファイバーという呼び名で呼ばれているのは、てん菜から得られる食物繊維の総称であり、ビートファイバーと呼ばれる食物繊維を構成する食物繊維は、さまざまな種類がある。ビートファイバーを構成する食物繊維とそれぞれの割合は、ヘミセルロース36%、セルロース23%、ペクチン19%、リグニン3%である。

ビートファイバーは、単体では白色の粉末である。構成する食物繊維には水溶性のものと不溶性のものがあるため、水に溶かすと不溶の部分が残る。このような食物繊維を複合型食物繊維という。また、ビートファイバーと呼ばれるものを構成するほかの要素として、粗たんぱく、岨資質、糖質などが含まれているが、自然界で天然に得られる食物繊維の中では最も食物繊維の割合が高く、この点においても注目の的となっている。

ビートファイバーの効果

ビートファイバーは、天然に得られる食物繊維の中で繊維含有率が一番高いため、また、ビートファイバーは大腸の働きを促進するため、一番食物繊維の主な効果である整腸効果や、便秘解消、便秘予防などが期待できる。

また、ほかの食物繊維と比較してアレルギー症状を起こしにくいという特徴もあり、様々な場面に用いることが期待されている。

また、ビートファイバーは高血糖や高血圧を防ぐ効果がある。そして、血液中のコレステロール、中性脂肪を減らすという効果もあります。このような効果は、生活習慣病の予防につながるのである。

さらに、ビートファイバーは不溶性食物繊維の割合がとても高いため、胃の中で水分を取り込むことで体積が増えるため、より容易に満腹感を得ることができる。そのため、ビートファイバーは過食を防ぐ効果があるといえる。

記事参考元:
ビートファイバー|農畜産業振興機構
ビートファイバーとは-便秘なら、便秘解消!専門店
ビートファイバー|ダイエットワード
ビートファイバーの用途拡大に向けて|農畜産業振興機構
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter