トランス脂肪酸

トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸とは、トランス型の二重結合が一つ以上ある脂肪酸の総称。脂肪酸とは、グリセリンとともに油脂を構成する分子のことで、炭素原子が鎖状につながって形成されており、その鎖の一端にカルボキシル基という酸の性質を示す構造を持つのが特徴。脂肪酸自体は人間の細胞を作るのに必要な物質で、食事から摂取する必要がある。

脂肪酸はその鎖の長さ、炭素の二重結合の数と位置によって多くの種類に分類されるが、炭素の二重結合のない飽和脂肪酸と炭素の二重結合のある不飽和脂肪酸に大別される。トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種である。天然に存在する不飽和脂肪酸はそのほとんどがシス型のみの炭素結合で成り立っているのに対し、トランス脂肪酸はトランス型の炭素結合を持つのが特徴である。


食品にトランス脂肪酸が含まれる理由

97

トランス脂肪酸は天然にはほとんど存在しないが、牛や羊などの反芻動物の胃の中の微生物の働きによってトランス脂肪酸が作られることがあるため、牛肉、羊肉、牛乳、乳製品には微量のトランス脂肪酸が含まれる。また、常温下で液体の魚油や植物油から固体もしくは半固体の油脂を製造するのに用いる加工技術の一つ、「水素添加」によってもトランス脂肪酸が生成される場合がある。加えて、高温で処理された植物油においては処理の過程でシス型の不飽和脂肪酸がトランス脂肪酸に変化することがあるため、サラダ油などの精製された植物油にもトランス脂肪酸は含まれている。

トランス脂肪酸は体に悪いのか

199

トランス脂肪酸は食品から摂取しなくてよいと考えられており、過剰摂取による健康への悪影響が心配されている。トランス脂肪酸を多量に摂取すると、血液中にいわゆる悪玉コレステロールが増え、いわゆる善玉コレステロールが減少することが報告されている。また、日常的にトランス脂肪酸を過剰に摂取しているとそうでない場合よりも心臓病のリスクが高まることが示されている。

しかしながらこうした研究は欧米人を対象としたものが中心であるため、日本人にもこうした悪影響があるのか、また、トランス脂肪酸の中でどのようなものが悪影響を及ぼすのかなど、明らかになっていない点も多い。

トランス脂肪酸が多く含まれる食品

トランス脂肪酸は水素添加によってできるため、水素添加の技術を用いて製造された製品にはトランス脂肪酸が多く含まれるといえる。具体的には、マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングなどがこれにあたる。また、こうした食品を用いて製造されているパン、ドーナツ、ケーキなどの洋菓子類や揚げ物などにも多くのトランス脂肪酸が含まれる。

トランス脂肪酸とダイエット

そもそもトランス脂肪酸を過剰摂取するということは脂質を過剰摂取しているということであるため、トランス脂肪酸の過剰摂取はダイエットに禁物だといえるだろう。また、その他の健康への悪影響を鑑みても、トランス脂肪酸を過剰に摂取するのは控えるべきだと考えられる。

トランス脂肪酸を摂取しすぎないためには、調理用の油の種類に気を付ける、トランス脂肪酸を多く含むとされる菓子類を食べすぎないようにするといった工夫が必要だ。

記事参考元:
すぐにわかるトランス脂肪酸|農林水産省
脂質とダイエットの関係:脂肪酸や不飽和脂肪酸・トランス脂肪酸まで
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter