腸内洗浄

腸内洗浄とは

腸内洗浄とは、清潔な温水を大腸内に注入してたまった便を排出する方法である。長年便秘がちだと排出しきれない便である「宿便」が腸内にたまり、悪玉菌の発生原因となるが、腸内洗浄をすればすっきりと洗い流すことができる。腸内洗浄により、ウエストが細くなったという例もある。


腸内洗浄をするには

079

腸内洗浄は胃腸科や内科など医療機関で行える。エステティックサロンや美容クリニックなどでは、主に薬品を一切使用せず濾過された温水を注入するコロンハイドセラピーという方法で腸内洗浄を行う。また、腸内洗浄は病気の治療ではないため、保険の対象外となり、自費での診察となる。1回につき1万円~1万5000円程度かかる。検査の一環として消化器科や肛門科などで腸内洗浄を行う場合は、比較的安く腸内洗浄ができる。
自宅で手軽に腸内洗浄ができるキットも通販などで販売されている。ただし、素人が指導を受けずに行うと、事故や病気の感染などの恐れもある。

腸内洗浄のメリット

ダイエット効果がある

人により宿便の量は様々だが、便秘症の人は1キロ近く宿便がたまっていることがある。腸内洗浄をすれば宿便が排出され、体重を減らすことができる。また、お腹にたまっていたものが排出されるため、ウエストが細くなることも期待できる。

肌がきれいになる

便が腸内に長く残っていると、便が腐り毒素が排出され、肌荒れの原因となってしまう。腸内洗浄をすれば、毒素をなくすことができ、肌をきれいにすることができる。

腸内洗浄のデメリット

善玉菌も排出する

腸内洗浄により、善玉菌も悪玉菌も両方排出してしまう。そのため、多くの病院では、腸内洗浄を行ったあとに食事指導が行われ、ビフィズス菌などの錠剤が処方される。

免疫力の低下

腸内には、もともと自分の力できれいにする機能が備わっているが、腸内洗浄をやりすぎるとそのような免疫も洗い流してしまい、大腸の免疫力が低下する。

便秘体質への効果

051

腸内洗浄では、一時的に便を排出することができるが、便秘体質自体を改善することはできない。腸内洗浄が習慣化してしまうと、腸内洗浄をしなければ便が出ない状態になってしまうこともあり得る。腸内洗浄は、1年に1~2回程度が適切である。

海外での腸内洗浄

腸内洗浄は海外でも盛んである。特にアメリカでは腸内洗浄が盛んで、定期的に腸内洗浄を行う人が多い。海外では、エステティックサロンなど、病院以外の場所でも腸内洗浄をしている。

PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter