中鎖脂肪酸

中鎖脂肪酸とは

中鎖脂肪酸は、ココナッツやパームフルーツなどのヤシ科植物の核の部分に含まれる天然成分である。ココナッツオイルには約60%の中鎖脂肪酸が含まれる。一般的な油より吸収や分解が早く、すぐエネルギーになりやすく体内に蓄積されにくい。

脂肪酸の長さ

油の特性は、油の主成分となる脂肪酸の種類によって異なる。キャノーラ油、ラード、オリーブオイルなどの一般的な油に含まれるのは長鎖脂肪酸。中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸の半分の長さで、ココナッツオイルや牛乳、母乳などに含まれる。


中鎖脂肪酸の特徴

84

中鎖脂肪酸は、一般的な油に比べて約5倍早くエネルギーになる。中鎖脂肪酸は長さが短く水に溶けやすいため、水に溶けやすい糖などと同様に小腸から門脈を経由し直接肝臓に入るため、早くエネルギーになりやすい。長鎖脂肪酸は、小腸からリンパ管や静脈を通り筋肉や組織に運ばれ、必要に応じて分解されるため、中鎖脂肪酸に比べてエネルギーになるまでに時間がかかる。

中鎖脂肪酸の効果

コレステロール値をほとんど上げない

身体に摂りこまれた脂肪はコレステロール値を上げ中性脂肪を増やすが、中鎖脂肪酸は中性脂肪を増やさない。また、中鎖脂肪酸は悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす。

代謝を上げる

中鎖脂肪酸はサラダ油の長鎖脂肪酸の代謝を促す効果があるため、カロリーの消費を促し、肌荒れやくすみ、むくみなどにも効果がある。

ダイエットに効くメカニズム

85

中鎖脂肪酸が合成されてできるケトン体という成分が人間のエネルギー源のひとつとなり、ダイエットに効果がある。
体内では、炭水化物の糖質であるブドウ糖がエネルギーとして最初に燃焼される。血液中のブドウ糖が低下すると、代わりのエネルギー源がない場合、脳は人間に食事をするように指令を出す。しかし、脂肪が分解されてケトン体ができると、ブドウ糖の代わりにケトン体をエネルギーとして使うため、脳は指令を出さなくなり食欲が抑えられ、脂肪が効率よく燃やされ痩せることができる。

中鎖脂肪酸の活用

中鎖脂肪酸は少量でもエネルギーとして利用できるため、医療現場で活用されてきた。内臓脂肪の減少やメタボリック症候群の改善効果も認められている。年をとるにつれ充分な栄養が摂れなくなったお年寄りや、長鎖脂肪酸を利用しづらい患者への栄養補給、多くのエネルギーを必要とする未熟児に対して、中鎖脂肪酸による治療が行われている。

PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter