大豆ペプチド

大豆ペプチドとは

大豆ペプチドとは、肉や魚、大豆などに多く含まれ、筋肉や血液を作る上で欠かすことのできないたんぱく質である。たんぱく質は積極的に体内に取り入れていきたい栄養素の一つであるが、実は20種類ほどのアミノ酸で構成された複雑な物質であるため、そのままでは消化吸収をすることができない。そこで、通常は消化管の消化酵素によってアミノ酸に分解されるのだが、その際に生成される、数個つながった状態のアミノ酸のことを「ペプチド」という。

単体のアミノ酸より豊富な栄養素を持ち、たんぱく質よりコンパクトな「ペプチド」には、様々な効果が期待されている。その理由として挙げられるのが、「素早い吸収」という特長である。

たくさんのアミノ酸でできたたんぱく質は、吸収するのになんと平均で3〜4時間はかかると言われている。では、アミノ酸単体で吸収するのが良いかというと、そうもいかない。なぜなら、アミノ酸は1つずつ腸壁から吸収されるため、効率が悪いからである。

それに比べて、「ペプチド」は複数のアミノ酸がつながった状態で吸収されるため、短い時間で効率良く多くの栄養を摂取することができる。

このように栄養を摂るのにもってこいの成分である「ペプチド」であるが、なかでも様々な健康効果があるとして最も注目されているのが、大豆ペプチドである。


大豆ペプチドの効果

138

なぜ、大豆ペプチドが今一番脚光を浴びているのか。

大豆に含まれるアミノ酸は栄養価が高く、大豆は植物性たんぱく質のなかでも優れたタンパク質食品と言われている。
人間の体内で合成することのできない必須アミノ酸も、バランスよく満たしているのだ。

そんな大豆から作られた大豆ペプチドには、大きく分けて2つの効果がある。
「脳」と「筋肉」の疲労回復作用だ。
仕事や勉強で疲れたとき、スポーツのあとなどに摂取すると、素早く疲労を癒すことができる。
このほかにも、ダイエットや免疫力のアップ、肝機能向上による美肌効果にも期待されている。

大豆ペプチドの摂取例

大豆ペプチドには、アルギニンやグルタミンなどといった免疫力をアップするアミノ酸が含まれている。
これらのアミノ酸は体内に侵入したウイルスを攻撃したり撃退したりする力を持っている。
そのため、風邪のひき始めに大豆ペプチドを摂取すれば、その分早く治すことができるのである。

また、大豆ペプチドは実は二日酔いにも効果があると言われている。
これは大豆ペプチドに含まれるアラニンなどのアミノ酸が肝機能の代謝力を上げてくれるため、体内に残ったアルコールの分解が促進されるからである。

大豆ペプチドとダイエット

207

食事制限など無理なダイエットを続けると、逆に太りやすい体質になり、リバウンドを起こしてしまう。これは、少量しか補給されないエネルギーを体が必死に貯蓄しようとするため、エネルギーがすぐに脂肪に変わってしまうからだ。その一方で、筋肉はあまり作られなくなってしまう。身体の基礎代謝の40%は筋肉によって消費されているので、筋肉が減ると基礎代謝自体が下がってしまうのである。

これを解決する方法として、大豆ペプチドがある。

大豆ペプチドには、基礎代謝を増加させ、体脂肪の燃焼を促進するはたらきがあることがわかっている。さらに筋肉の増加にも効果が期待できる。つまり、筋肉を作ると同時に、基礎代謝力を上げるという二重のダイエット効果を兼ね備えているのだ。食事制限と運動を実践しつつ、大豆ペプチドを摂取するのが良い。

記事参考元:
脳と筋肉の疲労回復?大豆ペプチドとは何だろう
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter