三大栄養素

三大栄養素とは

三大栄養素とは、人間が生命活動を維持するにあたって最も必要な栄養素3つのことを指し、それは炭水化物、脂質、たんぱく質である。この三大栄養素にビタミンとミネラルを加え、五大栄養素とすることが近年では一般的となっているが、この炭水化物、脂質、たんぱく質はすべての栄養素の中で一番まとまった量が必要とされ、また生命維持に最も重要な栄養素であるので、三大栄養素という呼び名で呼ばれている。

この三大栄養素がどのように生命維持にかかわるかというと、第一にこれらは体のエネルギー供給源としての役割を果たしている。さらに、これら3つの栄養素は体のあらゆる部分を作るための材料でもある。三大栄養素は、体にとって非常に大切な栄養素なのである。

Related Posts


炭水化物

111

三大栄養素のうち、炭水化物は、主に人体が生命活動を行うためのエネルギー源となるものと、食物繊維として扱われるものの総称である。穀物やイモ類の食品に特に多く含まれている。炭水化物のうち消化されエネルギーとなるものは、口やそのほかの消化器官で分解されブドウ糖となり、小腸で吸収される。このブドウ糖が、脳をはじめとする全身にエネルギーとして供給される。特に、脳にとってはブドウ糖が唯一のエネルギー源であるため、炭水化物を十分に摂取しないと集中力の低下などの症状が現れる。

ブドウ糖は、筋肉や肝臓に貯蔵されるが、そこで貯蔵しきれなくなったブドウ糖は体に脂肪となってためられる。また、炭水化物のうち人間が消化できないものは食物繊維としての役割を果たす。

たんぱく質

三大栄養素のうちのたんぱく質は、体のパーツをつくるために必要な栄養素である。たんぱく質は肉、魚、大豆、卵などに特に豊富に含まれている。たんぱく質といえば筋肉、というイメージが強いものの、筋肉はもちろん、髪の毛や爪、臓器などのほかにも体の機能には欠かせないホルモンや抗体もすべてたんぱく質が由来となっている。

また、たんぱく質を構成するアミノ酸は体の活動には不可欠なもので、中には体内で合成することのできない必須アミノ酸という種類も存在する。そのため、たんぱく質を摂取することは非常に大切である。たんぱく質が不足してしまうと、免疫力の低下や筋肉量の減少、さらには肌荒れ、髪の毛が傷むといった症状が現れる。

脂質

71

三大栄養素のうち、脂質は主にエネルギーとして利用される物質である。バター、肉の脂身、植物油などの主成分がこの脂質である。炭水化物よりも効率の良いエネルギー源であり、炭水化物が1gあたり4kcalであるのに対し、脂質は1gあたり9kcalである。脂質はこのようにエネルギー源として用いられる以外にも、脳を正常に機能させる役割や、臓器や神経、骨を守る役割を果たす。

また、脂肪も多すぎては生活習慣病の原因などにもなってしまうものの、ある程度は体を形成するために必要なものであるので、脂質を摂取し、脂肪を体につけるということも大切である。脂質が不足すると肌荒れなどの原因にもなってしまうほか、集中力の低下や、情緒不安定につながってしまう。

記事参考元:
三大栄養素|ダイエットワード
3大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質)
基本の栄養素【五大栄養素】
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter