雑穀

雑穀とは

雑穀という言葉は、定義によって別々の範囲のものを指す。日本雑穀協会が定義する雑穀とは米、小麦といった、日本人が主食として食する穀物以外のすべての穀物であるのに対し、農学的な雑穀の定義では、雑穀はイネ科植物のヒエ、アワ、キビのことを指す。ここでは、日本雑穀協会の定義であり、より一般的な認識に近い、主食として食する穀物以外のすべての穀物という定義のもと説明していく。

つい近年までは、ヒエやアワ、キビ、そしてそのほか様々な種類の穀物が食されてきていたが、食事の西洋化などが原因にすたれていった。そして、近年になって、コメや小麦以外の穀物が持つ様々な美容・健康効果、そしてコメや小麦などには見られないような高い栄養価などが注目されるようになり、再び雑穀米などといった形で幅広く人気を博している。ダイエットなどにも効果があるとされ、そのような点でも現在注目を集めている。


雑穀の種類と効果

78

雑穀とは、前述の通り主食として食べる穀物以外のすべての穀物を指すので、その種類は実に多い。

アワ

日本では縄文時代から栽培されており、日本最古の穀物であると考えられている。現在も日本全国で栽培されている。ポリフェノールや、それ以外にもビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンEなど、さまざまな種類のビタミンやミネラルを非常に豊富に含んでいる。アトピーの改善、疲労回復などの効果もあり、小麦アレルギーの人のための代替として小麦の代わりによく用いられる。

ヒエ

日本では縄文時代から栽培されており、日本最古の穀物であると考えられている。現在も日本全国で栽培されている。ビタミンB6などが豊富に含まれている。また、アトピーや動脈硬化、高血圧に効果がある。

ハト麦

江戸時代に中国から渡来した植物で、主に薬用として用いられていた。皮膚の保湿、解毒作用、下痢止め、高血圧の予防などの効果がある。

雑穀とダイエット

雑穀を使ったダイエット法も存在する。
それは、普段食事で食べている白米の代わりに、雑穀と白米を混ぜた雑穀米を食事でとるというものである。米も含めた様々な穀物のカロリーは大体同じくらいであるが、雑穀と呼ばれる穀物のほうが食物繊維をはるかに多く含んでいるため、便秘の解消につながり、デトックス効果を得られると同時にダイエットにもつながる。

そして、雑穀は白米に比べて硬いため、より多くかまなければならず、それによって満腹中枢が刺激され、より少ない量で満腹感を得られる。結果として、少ない量でも満腹感を得ることができる。
また、雑穀の栄養価は白米と比較してはるかに高いので、より効率よく一日に必要な栄養素を摂取することができ、結果として食べる量を減らすことができるのである。
このように、雑穀はダイエットにも非常に適しているのである。

記事参考元:
雑穀について|日本雑穀協会
雑穀とは?|栄養満点!雑穀料理レシピ集
雑穀の効能と栄養成分
実は白米と変わらないカロリー!?注目の雑穀米のダイエットとは
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter