コレステロール

コレステロールとは

コレステロールとは、細胞膜を生成する脂質の一種で、生きていく上では欠かせないものだ。細胞は細胞膜に覆われていて、細胞膜を通じてエネルギーや栄養などの物質の出し入れを行っている。細胞膜は細胞内部を保護しながらそのような役割を果たすので、非常に繊細だ。コレステロールはその細胞膜の流動性を調節する重要な働きを果たしている。

また、コレステロールは様々な重要なホルモンの原材料となる。それは、副腎で作られる副腎皮質ホルモンや、睾丸で作られる男性ホルモンのアンドロゲンと卵巣で作られる女性ホルモンのエストロゲンなどの性ホルモン、胎盤で作られる黄体ホルモンのプロゲステロンだ。他にも、脂肪の消化に必要な胆汁酸の主成分はコレステロールであるなど、人間の体には必要不可欠なものだ。


LDLコレステロール(悪玉コレステロール)とHDLコレステロール(善玉コレステロール)

087-1-300x199

LDLコレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを各臓器に運ぶ役割がある、低比重リポたんぱくのことを指す。その量が増えすぎると、血管内壁にへばりついてしまい、動脈硬化を引き起こす原因となってしまう。

動脈硬化とは、血管の弾力が失われて硬くなり、血管内部に色々な物質が詰まって血流が悪くなる状態のことを言う。動脈硬化によって心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性があるため、一般的にLDLが悪玉と呼ばれている。

HDLコレステロールは、血管内部に残っている余剰なコレステロールを引き抜いて肝臓まで運ぶ働きをしている。動脈硬化を引き起こすコレステロールを取り除いてくれる役割から、善玉コレステロールと呼ばれている。

コレステロール値

N934_sarari-mannishindanOK_TP_V-300x200

コレステロール値は、空腹採血時に下記のいずれかだと脂質異常と診断される。この基準値に当てはまらなければ正常値だ。

LDLコレステロール:140mg/dl 以上

HDLコレステロール40mg/dl 未満

コレステロールのバランスをみるLH比と言われる指標もある。LH比が高いとLDLコレステロールが過剰にあり、逆に低いとHDLコレステロールが多く、扶養なコレステロールが回収されやすい状態にあるといえる。

特にLDLコレステロールが過剰になってしまう傾向が強く、正常な範囲に収めるためには、コレステロール値を下げる食品を多く摂取する、運動する、サプリメントを服用する、薬を飲む、などの方法がある。

記事参考元:
コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事
コレステロールとは?|コレステロールを下げるAtoZ
過剰なコレステロールは生活習慣病の原因となります
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter