白湯

白湯とは

AL003-ocyafufu20140722_TP_V-300x200

白湯(さゆ・しらゆ)とは、何も入れていない水を沸騰させたもの。正確には、沸騰したお湯を50度前後まで冷ましたものを「湯さまし」というが、一般的には白湯と総称して呼ぶことがほとんど。病人や新生児など体が弱っている人も負担なく飲めるため、昔から薬を飲むときに一緒に白湯を飲む習慣があった。

一度沸騰させているため、不純物が取り除かれている場合が多く、口当たりも柔らかくなっている特徴がある。

Related Posts


白湯の用途・効果

094-1-300x200

白湯には身体に良いことが沢山あると言われている。

・お通じ

・冷えの予防

・ダイエットサポート

・肌荒れ

・身体のだるさや重さを軽減

・風邪の予防

・ストレス

白湯は身体に受け入れられやすいため、すんなりと飲むことができる。そのため、利尿作用も高まり、身体の老廃物が排出され、肝臓や腎臓などの内臓の働きが活発になる。これによってむくみや便秘が解消されやすくなり、デトックス効果が期待されると考えられている。

白湯を飲むとその熱が内臓に伝わり血流が良くなる。内臓の温度が1度上がると免疫力が30パーセント上昇する他、基礎代謝も約10~12パーセント上がると言われているため、脂肪が燃焼されやすくなり、ダイエット効果が期待される。

また、新陳代謝が高まると身体で熱が作られやすくなるため、冷え性を改善したり、身体の疲労を癒やしたりする効果がある。

白湯を1ヶ月以上飲み続けると、その効果が実感できると言われている。

白湯の作り方・飲み方

020-1-300x200

白湯を本格的に作る場合は次の手順。

やかんに水を入れて強火で沸騰させた後、そのまま火を止めずに蓋を取って湯気を立たせる。泡がブクブク立ってきたら火を弱めて10~15分沸かし続けた後、そこから飲める温度まで冷ませば白湯の完成。

簡単に白湯を作りたい人は、マグカップにミネラルウォーターを入れ、500Wの電子レンジで1分半程温めれば白湯として飲むことができる。

タイミングは基本いつでも良いが、起床後は水分不足になりがち。起床後すぐに白湯を飲むと良い。また、白湯を飲んだ30分後程度に朝食を摂るのが理想であると考えられている。

各食事で1杯(200ml程度)をゆっくり飲むのが良いとされている。あまり白湯を飲み過ぎてしまうと栄養素まで流してしまったり、むくみの原因になってしまったりするため、一日800ml程度を目安にすると効果的だろう。

また、生姜、はちみつ、シナモン、パウダー寒天などを入れて一緒に飲むと身体が温まりやすくなったり、ダイエット効果が高まったりする。

記事参考元:
白湯ダイエットの効果と簡単なやり方!【寝る前に飲む量は?】
白湯とは?知っているようで知らない健康に良い白湯の秘密!
白湯の効果と作り方!ダイエット・美肌・便秘改善・冷え性解消など、美容と健康に効く飲み方を紹介
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter