サウナスーツ

サウナスーツとは

サウナスーツとは、ウィンドブレーカーのような服で、内側に高い保温効果を持つ素材を使用することによって、着用するとサウナのようにとても内部が熱くなり、発汗を促進する服のことをいう。サウナスーツという名前の由来は、これを着用している状態だと、文字通りサウナの中にいるような暑さで、発汗量もサウナに入った時のようにたくさん出るということである。はじめはボクシング選手が直前の減量を行うために使用されていて、現在でもボクシング用品メーカや、大手スポーツブランドがこのサウナスーツを製造・販売している。汗をかくことによる原料のほかにも、汗を健康的にたくさんかくことができるので、新陳代謝の活性化などの効果が見込める。

Related Posts


サウナスーツとダイエット

77

サウナスーツを着用して運動を行うと、非常に多量の汗をかくことができる。しかし、サウナスーツを着用して運動して、多量の汗をかくというはダイエットには直結しないのである。確かに大量の発汗によって体の水分が多く失われるので、サウナスーツを着用して運動した直後は体重が減るが、また汗をかいた分だけ水分を補給すると体重は戻ってしまう。ダイエットのための運動で重要なのは発汗量ではなく消費したエネルギーが摂取カロリーを上回るかであるので、むしろサウナスーツを着用して運動すると暑くて長く運動を続けられない分、消費カロリーは普通に運動するよりも下がってしまう可能性もある。
しかし、多量の汗をかくことによって新陳代謝が活発化し、老廃物も汗と一緒に体外へ排出されるので、デトックス効果や、新陳代謝による美肌効果などは期待できる。

サウナスーツの注意点

サウナスーツを着用して運動する際には、次の点に注意しなければならない。まず、前述の通りサウナスーツを着用して運動すると非常に多量の汗をかく。そのため、すぐに体の水分が不十分になってしまう。体の水分が不十分になり脱水症状が起こってしまうと、最悪の場合命に危険が及ぶ。さらに同様に、サウナスーツを着用していると熱中症の危険性が高まります。したがって、サウナスーツを着用して運動するときは水分補給をこまめにとることが何より大切です。これは夏場のみに限らず、冬場でも十分に脱水症状や熱中症になってしまう可能性はあるので、気温が低いから、湿度が低いから、太陽が出ていないからという理由で、水分をそこまでとらなくてもいいと油断してはならない。さらに水分をこまめにとっても、汗を多量にかくことは体にとって負担なので、過度な運動は避けるべきである。

記事参考元:
ダイエットといえばサウナスーツ!?それって本当に効果ある!?
サウナスーツって意味あるの?汗をかけば痩せる?
サウナスーツダイエットで本当に痩せるの?その効果は?
夏場のサウナスーツの注意点
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter