オリーブオイル

オリーブオイルとは

オリーブの果実、種子を圧砕し、石臼などでペースト状にしたうえで、圧搾して抽出された油。歴史は古く、古代ローマ時代にはすでに利用されていたという。ほとんどの食品油は種子から作られ、その工程で加熱、精製が必要となるため、植物本来の風味や機能は失われてしまいがちである中、果肉からそのまま抽出することが出来るオリーブオイルは、自然な状態でその風味や機能を保っている。また、オリーブオイルは酸化しにくく、その上酸化を防ぐビタミンEやポリフェノールが含まれているため、状態も変質しにくいという特徴を持っている。


オリーブオイルの種類

71

オリーブオイルには、大きく分けて二つの種類がある。

エクストラバージンオリーブオイル

オリーブの果実をそのまま絞ったバージンオイルのうち、最も上質なオイルにこの名称がつかわれる。フルーティな香りとフレッシュな味わいを活かして、生で使用するのに相性がいいとされている。規格上は、バージンオイルのうち、酸度の割合が0.8以下の物にエクストラという名称がつけられる。基本的に下記のピュアオリーブオイルより高価である。

ピュアオリーブオイル

バージンオイルと、精製したオリーブオイルをブレンドしたもの。一般的にオリーブオイルと呼ばれるのはこの種類だ。バージンオリーブオイルが緑色なのに対し、こちらは黄色に近い色をしている。加熱処理をする場合、エクストラバージンオイルを使用しても香りがとんでしまうため、このピュアオリーブオイルが普段使用されている。

オリーブオイルの効用

72

脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化の予防
コレステロールを下げる効果があり、それにより動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防となる

腸内環境の改善
オリーブオイルに含まれるオレイン酸には、腸を刺激し排便を促す効果がある。

ダイエット効果・糖尿病予防
腸の調子を整えることで、食欲を調整することが出来る。また、インスリン分泌量の調整により、糖が脂肪へ変わる量を調整する効果がある。

白髪予防
オリーブオイルに含まれるビタミンE,Cは体内の活性酸素を抑え込む働きがあり、血行を促進することで白髪の予防にもなる。

オリーブオイルの保存方法

光と温度に注意。直射日光をさけ、暗い場所で保存すると良い。コンロの横など高温になるところにはおかない方がよい。また、冷蔵庫に入れると、香りが飛んでしまう可能性があるため、避けた方がよい。

PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter