脂肪吸引

脂肪吸引とは

脂肪吸引とは、脂肪を吸引し、肥満を解消するという方法である。この脂肪吸引という方法は、文字通りお腹回りなどにたまっている脂肪細胞を吸引するという手法である。通常のダイエットでは、運動や食事制限などを通して、お腹の周りにもともとついている脂肪細胞の容量を減らしている。

一般的に脂肪細胞の数というものは、思春期頃までしか増えず、それ以降は数が減ることも増えることもなく、太ってしまうということは、脂肪細胞が大きくなり、その脂肪細胞の容量が大きくなるということである。脂肪吸引では、この脂肪細胞の数を直接吸引することでお腹の周りから取り除き、容量を減らして肥満を解消するということである。そのため、再びたくさん食べるなどして、脂肪細胞が大きくなってしまったとしても、脂肪細胞の容量の大きくなる大きさの限界が小さいため、肥満状態に戻らないのである。

通常のダイエットで、再びたくさん食べるなどしてしまった場合、それぞれの脂肪細胞が大きくなってしまい、再び肥満状態となってしまう。これが通常のダイエットと脂肪吸引の違いである。また、脂肪吸引では吸引の方法や強さなどを変えることで脂肪のつき方を変えられるため、自分の思うような体型にデザインすることも可能である。また、同様の理由で、気になる部分だけを痩せさせることもできる。

Related Posts


脂肪吸引のコスト

059-300x169

脂肪吸引は、簡単かつ確実に痩せられる方法であるものの、コストは非常に高いうえ、コストにも非常に大きな幅がある。おおよそ20万から高いところでは120万程度にも上る。脂肪細胞を液化して吸引する方法や、脂肪細胞を溶液に溶かしたり、超音波で溶解したりして脂肪細胞を吸引する方法などたくさんあるが、それぞれ吸引量が多い、傷が残りにくいなどといった利点があり、それぞれによって値段が異なってくる。脂肪吸引を行う場合は自分に合った方法と適切な金額のプランを選択するようにしなければならない。

脂肪吸引の注意点

66

脂肪吸引には様々な利点もあるものの、気を付けなければならないことや覚悟しておかなければならないリスクもある。まず、脂肪吸引は内臓脂肪を取り除くことはできないので、メタボリックシンドロームには有効ではない。

そして、いくつかのリスクも伴う。まず一つ目は、術後にお腹の皮膚がでこぼこになってしまう場合である。これは脂肪吸引にミスがあり、ある部分を吸引しすぎてしまった場合に生じる。また、脂肪細胞の容量が減ってしまい、皮膚がたるんでしまう可能性もある。さらに、場合によっては脂肪吸引の効果があまり大きくなく、細くならなかったという場合もある。傷跡が大きく残ってしまう場合もある。さらに、ごく稀ではあるが脂肪吸引の装置を深く差し込みすぎて、内臓を損傷し、命の危険が生じる場合もある。これらのリスクもしっかり考慮したうえで判断しなければならない。

記事参考元:
お腹の脂肪吸引の効果は?うける前に知っておくべき全知識
脂肪吸引とは?手術の方法と内容について
正しく知りたい!脂肪吸引のメリットとデメリット
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter