リンパドレナージュ

リンパドレナージュとは

リンパドレナージュとは、リンパ液の流れを活性化し、リンパの働きを高め、体の異物や老廃物を取り除くためのマッサージ法である。ドレナージュというのは、フランス語で排出という意味であり、1932年にフランスで誕生し、ヨーロッパを中心に発達し現在に至る。リンパドレナージュは様々な種類のマッサージの中でも特に柔らかく優しくマッサージを行うことが特徴である。これは、リンパ管の多くが皮膚に近い部分に位置しているためであり、強くマッサージしてしまうとリンパ管を傷つけてしまったり、リンパ液の流れを滞らせてしまったりする場合もあるためである。

リンパドレナージュでは、指先を使って柔らかくプッシュアンドアップをくりかえして行う。リンパマッサージとリンパドレナージュは両方ともよくつかわれる言葉であるものの、どちらもリンパの流れを活性化して老廃物の排出を活発化するという点から見ると、広義では同じものであると言える。しかし、厳密にいうとリンパマッサージはリンパの流れに沿って行うマッサージを指すが、リンパドレナージュはリンパの老廃物を取り除くマッサージ法である。

Related Posts


リンパドレナージュの効果

57

リンパドレナージュには様々な美容、健康に良い効果がある。まずは、むくみや冷えの症状の改善である。むくみや冷えの原因の最も大きなものはリンパの流れの悪化である。リンパは老廃物を取り除く効果があるため、リンパの流れが滞りリンパに老廃物がたまってしまうと水分もたまってしまい、むくみが生じてしまったり、冷えが生じてしまったりする。リンパの流れを改善するリンパドレナージュを行うことによって、これらを解消することができるのである。

また、冷えやむくみ、そしてリンパの流れそのものが原因となるセルライトに対しても効果的である。また、体のリンパには老廃物の他にも細菌や毒素を回収して排泄する効果がある。リンパの流れか活発になれば、その毒素の排泄も活性化される。また、マッサージによってリンパの流れのみならず、肌のコラーゲンの働きを活性化するため、ニキビや肌のたるみなどにも非常に効果的である。

リンパドレナージュの注意点

58

リンパドレナージュを行うに当たって、通常のマッサージよりは少ないが注意しなければならない状況がいくつかある。心臓、肝臓、腎臓、甲状腺や免疫機能に関する病気を持っている場合、感染症、アレルギーなどによる炎症などがある場合、低血圧の場合、妊娠中や手術直後の場合も、リンパドレナージュを行うことは避けるべきである。

記事参考元:
リンパドレナージュ(リンパマッサージ)とは?
「リンパドレナージュ」と「リンパマッサージ」の違いとは?
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter