ブラン

ブランとは

ブランとは、小麦から小麦粉を作る際に用いられない、小麦の皮部および胚芽の部分の総称である。

小麦粉の製粉過程では、これら皮部と胚芽は取り除かれ、胚乳の部分のみが小麦粉として用いられる。ブランは、小麦粉を作るときのあまりものではあるものの、非常に良い栄養価を持っているのである。特に、ブランは食物繊維を非常に多く含んでいる。これは腸内環境を整えてくれる物質であり、便秘の改善にとても効果的な物質である。そして、食物繊維以外にもミネラルを非常に多く含んでいる。中でも、カルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛を特に多く含む。

また、ブランは硬い食品であり、たくさん噛むことが必要となってくるので、咀嚼による様々な健康効果も期待できる。このように、ブランは健康面で非常に期待できる食品である。一般的にブランと言えば小麦の皮部と胚芽の総称のことを指すが、オート麦の外皮の部分は総じてオートブランとよばれる。このオートブランにも、小麦ブランと同様に豊富な食物繊維とミネラルが含まれている。

Related Posts


ブランとダイエット

43

出典:クリーム玄米ブランはダイエットに使える?カロリーや食べ方を紹介!

前述の通り、ブランには非常に豊富にミネラルと食物繊維が含まれている。食物繊維は腸内環境を整え、便秘を改善する効果があるが、これはダイエットにも非常に重要なことであり、ダイエットにとっても効果的である。しかし、ブランのみを日頃の食事に取り入れるのは非常に難しい。そこで、クリーム玄米ブランという商品がとても役に立つのである。一般的にブランを使用したダイエットと言うとこのクリーム玄米ブランを指すことが多い。玄米ブランとは、栄養素を豊富に含む玄米とブランを混ぜて作られたものを指す。クリーム玄米ブランは非常に手軽に摂取できるうえ、低カロリーながらも栄養素を豊富に含むので、ダイエットには最適である。

ブランダイエットの注意点

44

一見利点ばかりのブランを用いたダイエットであるが、注意しなければならないことはいくつかある。まず、手軽で低カロリーだからと言ってたくさん食べすぎてしまうと、かえって太ってしまうということである。玄米ブランの食べにくさを解消するためにクリームが挟まれているが、クリームは油脂を多く含むので、これを多量摂取してしまうと肥満の原因となってしまう。また逆に、ダイエットに良いからと一日三食すべてをクリーム玄米ブランに置き換えてしまうと栄養バランスが崩れてしまう。クリーム玄米ブランに食事を置き換えてダイエットを行う場合は、朝食または昼食の一食のみにすると良い。

記事参考元:
オートブランの特徴と美味しい食べ方
ブランって何?どんな食材なの?
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter