無酸素運動

無酸素運動とは

無酸素運動とは、あまり体内に酸素を取り入れずに、筋肉に蓄えてあるグリコーゲンを主なエネルギー源として行う、短時間で強度の高い運動のことである。無酸素運動の名の由来は、その多くがほぼ呼吸を止めた状態で行うからであるが、無酸素運動という名の通り一切呼吸せず酸素を取り入れないということではない。運動中もある程度の酸素を取り入れつつ行う無酸素運動であるが、その量は少ない。これは脂肪が酸素と反応を起こさないとエネルギーにならないが、無酸素運動のエネルギー源であるグリコーゲンがそのままエネルギーとして使えるためである。そのため、無酸素運動によって脂肪が直接消費されるということはほぼない。

Related Posts


無酸素運動の代表例

34

無酸素運動とは、前述の通り短時間で行う激しい運動のことである。その代表例は短距離走である。特に100mや200mなどの距離で行う短距離走は、全力で走るという激しい運動をしながらも、その最中にほぼ呼吸をしない。このように、短距離走は無酸素運動の定義をすべて満たすことから、無酸素運動の最も代表的な一つの例であると言える。また、競泳のようにスピードを求める水泳も無酸素運動に分類される。呼吸数こそ多いものの、全身の筋肉の激しい運動を伴うため、このような水泳も無酸素運動に分類される。数ある無酸素運動の中でも、最も身近でかつ手軽なものは筋肉トレーニング、いわゆる筋トレである。筋トレも、負荷の強い運動であり、その時間も短時間で区切って何度か繰り返して行う。筋肉に負荷をかけて動かすときには力を入れるために呼吸をこらえる。このように、筋トレは無酸素運動の最も身近で手軽な代表例である。

無酸素運動とダイエット

33

無酸素運動は酸素を取り入れず、筋肉に蓄えられているグリコーゲンをエネルギー源とする運動である。そのため、脂肪はほとんど燃焼されない。従って、無酸素運動が直接ダイエットにつながるというわけではなく、一般的にダイエットのための運動として注目されているのは有酸素運動である。しかし、無酸素運動をすることによって、筋肉量を増やすことができる。筋肉は代謝量が多いため、筋肉が増えると自然と脂肪が燃焼しやすい体になり、ダイエットにつながるのである。また、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることによって、さらに高いダイエット効果が期待できる。まず無酸素運動で筋肉を鍛え、その後に有酸素運動で脂肪を燃焼させると、徐々に筋肉量が増え、同じ有酸素運動でもより効率的に脂肪を燃焼させられるようになる。

記事参考元:
有酸素運動と無酸素運動
48時間、燃焼し続けてくれる。やせたいなら無酸素運動をはじめなさい。
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter