キヌア

キヌアとは

キヌアとは、南米アンデス山脈を原産とするヒユ科の植物のことを指すが、一般的に「キヌア」という場合はその種子を指す。キヌアは南米のアンデス地域で古くから食用に栽培され続けており、つい最近までペルーやボリビアなどのアンデス山脈近辺の地域でしか栽培されていなかった植物である。しかし、近年キヌアが知られるようになってからは、世界各地で栽培しようという試みがなされている。キヌアはコメや小麦と同じく穀物の一種として分類され、そのカロリー量もコメなど他の穀物と類似している。その種子の色は赤、紫、黄、白など様々であり、ペルーやボリビアなど原産国の地域ではこれをスープに入れて食する方法が最も一般的である。


キヌアとダイエット

15

キヌアがダイエットに適するとされる理由は第一にその栄養価の高さである。キヌアはコメと比較すると、炭水化物を除くあらゆる栄養素で優っており、食物繊維、鉄分、カルシウムを特に多く含み、また必須アミノ酸全9種類を含む。特に食物繊維の含有量の多さがダイエットにとっては重要である。食物繊維が多く含まれることによって便秘の解消につながり、結果としてダイエットにとても有効である。また、キヌアはカロリー量的には白米とほぼ差はないが、ゆでると白米と比べて2~3倍程度膨張するため、結果として白米の2~3分の1程度の量でも白米と同程度の満腹感を得ることができ、結果として摂取カロリーを2~3分の1に抑えることができる。キヌアダイエットの主な方法としては、毎日の食事において、白米の一部分をキヌアに置き換えることである。これによって、いつもと変わらない満腹感を得ながらも摂取カロリーを抑えることができる。また、スープなどの副菜の中にキヌアを混ぜるのも、胃の中でキヌアが膨張し、満腹感を与えるため十分効果的であると言える。

キヌアの摂取法

16

キヌアをダイエットなどの目的で摂取しようとする場合は、前述の通り白米の一部を置き換えたり、スープなどの副菜の中にキヌアをそのまま入れたりすると良い。ここで注意しなければならないのは、この2つを同時にやってはいけないということである。この2つを同時に行ってしまうと、結果的に摂取カロリー量が増えてしまい、ダイエットにとって無意味なものとなってしまう。キヌアはコメや小麦など他の穀物と同様、主に炭水化物からなるものなので、ダイエットに良いからと過剰摂取してしまうとかえって肥満につながってしまうため、毎日の摂取量は十分に注意して、考えて摂取するようにしなければならない。

記事参考元:
【キヌアのカロリー】セレブも夢中☆ダイエットの強い味方!綺麗になれる美味しいレシピも大公開☆
キヌアは食べ方次第でダイエット効果が変わってくる
キヌアの魅力が30秒で分かる
キヌアダイエットで1週間でマイナス4キロ!キヌアを普段の食事に活用で痩せる!
キヌアのダイエット効果と栄養やレシピ【カロリーや効能】
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter