ココナッツオイル

ココナッツオイルとは

ココナッツオイルとは、ココヤシの果実の胚乳から抽出され作られる油脂のことを指す。ココナッツオイルは、食用はもちろん、洗剤や石鹸の材料として用いられることも非常に多く、とても用いられることの多い油脂である。近年ではその美容効果や健康効果、さらにはダイエット効果も高い注目を集めている。ココナッツオイルには一般的なココナッツオイルとヴァージンココナッツオイルの二種類がある。この差は生成されているかどうかの違いであり、一般的なココナッツオイルは精製が行われているのに対し、ヴァージンココナッツオイルは精製されていない。

ココナッツオイルの効能

12

ココナッツオイルにはいくつもの美容や健康に有効な効能を持つ。一つ目は免疫力の向上である。ココナッツオイルに含まれる成分は抗菌作用を持っており、インフルエンザウイルスなど様々なウイルスや感染症を引き起こす菌に対して有効である。また、ココナッツオイルにはコレステロール値を下げる効果がある。同時に、ココナッツオイルは心臓病の予防にも効果的であり、そして糖尿病の予防にも効果が大きい。さらに、ココナッツオイルには甲状腺機能を保つ効果もあり、肌荒れ、疲労感といった症状を防ぐことができる。そして、美肌、美白、アトピーの予防改善効果、さらには脳の活性化、アルツハイマー病の予防効果などもある。

ココナッツオイルの用途

13

ココナッツオイルには、様々な用途がある。日常的に最も代表的な使用法は、洗剤やせっけんなどの原料に用いられる場合、そして食用の油脂として用いられる場合である。ココナッツオイル単体で用いる場合は、塗布と経口摂取の二つの方法がある。塗布する場合には、全身のあらゆる場所に用いることができ、湿疹などの肌トラブル、肌荒れを予防し、肌や髪の毛を保湿する。経口摂取の場合は、ココナッツオイルをパンに塗って食する方法が最も一般的である。コーヒーなどの飲料に入れて摂取するのも一つの方法である。

ココナッツオイルとダイエット

14

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は一般的な脂肪酸と比べて消化吸収及び代謝が数倍速く、一般的な脂肪酸と比べて格段に太りにくい。また、ココナッツオイルはほかの脂肪の代謝も助けるため、ココナッツオイルを摂取することによって脂肪の燃焼が期待できる。普段と同様の食生活を続けつつも、ココナッツオイルを一定量摂取し続けることによって、代謝量が増え、ダイエット効果が期待できる。しかし、ココナッツオイルは油脂であるので、過剰摂取するとお腹を下しやすくなってしまうので注意が必要である。

記事参考元:
初心者必見!ココナッツオイルの効果と簡単使い方3選レポート
ココナッツオイル17の効果効能と副作用とアレルギー。ケトン体と中鎖脂肪酸が鍵
こんなにいっぱい?意外と知られていないココナッツオイルの効能と使用法
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter