アサイー

アサイーとは

アサイーは、ブラジル・アマゾン原産の植物で、アマゾン地帯の水べりに生育し、1株から3~25本の幹が生え、高さは25mにもなる。果実は、約1~1.2cmの球状もしくは楕円形で、ブルーベリーによく似ているが、植物学的にはブルーベリーやその他のベリーとは近縁ではなく、ヤシ科に属す。

Butantan24

出典:地球の反対側にて ブラジル生活つれづれ

古くからアマゾンの先住民が親しんできた希少な果物で、可食部は約5パーセントしかないが、その可食部に多くの栄養素や抗酸化成分を蓄えている。その驚くべき栄養価の高さから、「スーパーフルーツ」や「奇跡のフルーツ」と称されている。アサイーは癖がなく、甘み・酸味・香りはほとんどないため、様々なフルーツや食材と相性がいいのが特徴だ。


アサイーの栄養価

CRI_IMG_5993_TP_V-300x200

アマゾン地帯は、赤道直下の強い紫外線や強烈の雨など、植物が育つには過酷な環境だ。そのため、この環境ストレスによって、アサイーは活性酸素と戦う抗酸化物質を豊富に蓄える。他にも、鉄分・カルシウムなどのミネラル類、植物繊維、アミノ酸、オレイン酸、ビタミンEなどもたくさん含まれている。

抗酸化物質の代表格はポリフェノールで、ブルーベリーの約18倍を含有していると言われている。ポリフェノールといえば、お茶のカテキンやブルーベリーのアントシアニン、赤ワインのタンニンなどが代表的だが、アサイーには主にアントシアニンが含まれている。

アサイーに含まれるタンパク質のアミノ酸組成は非常に良質で、食品の中でも最も高いアミノ酸スコアを誇る卵と類似していると言われている。また、ビタミンやミネラルは体内で生成されないため食事で摂る必要があるが、アサイーは非常に沢山の種類のミネラルやビタミンを含んでいて、その万能性が注目されている。

アサイーの効果

090-1-300x206

アサイーが注目されているのは、その健康・美容効果の高さだ。ダイエット中はどうしても栄養不足になりがちだが、栄養価の高いアサイーを食べることで栄養不足を補うことが可能だ。また、良質なアミノ酸を摂ることで、基礎代謝量が上がり、結果としてダイエットが成功しやすい体になることができる。

アサイーに大量に含まれるアントシアニンというポリフェノールはアンチエイジング効果が抜群。このポリフェノールはアサイー100g中に4000~4500mgも含まれており、その量は、赤ワインの30倍、ブルーベリーの18倍、チョコレートの5倍と言われている。

また、鉄分などのミネラルも沢山含んでおり、その量は牛レバーの約5倍と言われている。そのため、アサイーは貧血予防に効果的だ。

その他にも、植物繊維による腸内環境の改善、オレイン酸などの不飽和脂肪酸によるホルモンバランスの調整作用、カルシウムによる骨粗しょう症の予防など、アサイーの効果は多岐に渡ると言われている。

記事参考元:
アサイーとは?
今さら聞けない!奇跡のフルーツ・アサイーの美容効果・効
アサイー ダイエット効果はないのに痩せることができる2つの理由
PICK UP

NEW ENTRY

WORD RANKING

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter